孫悟空が死亡した・生き返った理由と回数一覧

孫悟空が死亡した・生き返った理由と回数一覧

 

ドラゴンボールの主人公・孫悟空。

 

主人公なのですが、実は複数回死んだ経験があります。

 

 

ドラゴンボールで生き返るだけでなく、実は唯一別の方法でも復活した数少ないキャラでもあります。

 

 

彼は、何回死んだのか?

 

死因は何だったのか?

 

 

…どうやら、疑惑の1回があるらしいのですが。

 

 

生き返ったシーンも一緒に、原作漫画やアニメを調べてここに掲載しています。

 

スポンサーリンク

ドラゴンボールの孫悟空は何回死んだ?死亡シーン一覧

 

ドラゴンボールの孫悟空は主人公ですが、死んだ回数は1度きりではありませんでした。

 

 

確実に死亡した回数は、計2回。

 

実はもう1回あるのですが、生死がはっきりしていない演出となっています。

 

 

作中で最も死亡回数の多いクリリン(4回)と比較すると、さすがに少ないものの…

 

人生で2度死んで生き返るなんて、そもそも普通ではないのですが。

 

 

具体的な死亡シーンを、以下に掲載してみました。

 

死亡シーン1回目:ピッコロの魔貫光殺砲に散る

 

原作漫画:17巻・其之二百四「さようなら孫悟空」

 

アニメ版:ドラゴンボールZ・5話「悟空死す!ラストチャンスは一度だけ」

 

 

孫悟空が最初に死んだのは、実の兄・ラディッツとの戦い。

 

しかし死因は、ラディッツに命を奪われたわけではありませんでした。

 

 

遥かに格上のサイヤ人・ラディッツ相手に通用するのは、ピッコロの新技・魔貫光殺砲のみ。

 

 

一度放っていますが、惜しくもラディッツの肩を傷つけたのみ。

 

 

実の兄に傷つけられる父・孫悟空の姿を見た孫悟飯は、閉じ込められていた宇宙船ポッドを破壊。

 

ラディッツに体当たりを食らわせ、大ダメージを与えます。

 

 

ラディッツは標的を悟飯に移しますが、悟空が背後から羽交い締めにします。

 

そしてすでに気を貯めていたピッコロが、再び魔貫光殺砲を放ちました。

 

 

魔貫光殺砲は、孫悟空もろともラディッツを貫通。

 

 

その後ラディッツは、ピッコロがとどめを刺すことで絶命。

 

クリリン・ブルマ・亀仙人が駆けつけた後、孫悟空も息を引き取ります。

 

 

その時、孫悟空の遺体が消えてしまいます。

 

神様が悟空の肉体ごと、あの世にいる閻魔大王の元へへ連れていくのでした。

 

 

この後、蛇の道を通り界王様と初対面。

 

修行をして、界王拳や元気玉を会得することになるのです。

 

2回目:セルの自爆に巻き込まれる

 

原作漫画:35巻・其之四百十二「セルゲームの結末」

 

アニメ版:ドラゴンボールZ・188話「バイバイみんな!!悟空最後の瞬間移動」

 

 

次に孫悟空が死亡したのは、タイトルの通り。

 

人造人間編の最終エピソード・セルゲームにおいて。

 

 

圧倒的な実力差で完全体セルをも追い詰めた、孫悟飯。

 

 

強烈なボディーブローを喰らい苦しんだセルは、消化されずに肉体が残った18号を吐き出します。

 

パワーアップした要因が半分取り除かれたからか、完全体から第2形態へパワーダウン。

 

 

こうなると孫悟空・ベジータ・トランクスでも勝てるため、セルには完全に勝ち目が無くなりました。

 

 

そこでセルは、風船のように体を膨らませ始めます。

 

 

自ら自爆し、地球ごと吹き飛ばそうとします。

 

爆発まで、たった1分。

 

しかもこの状態を攻撃すると、即爆発すると警告。

 

 

戦いの最中とどめを刺すように警告した孫悟空の言葉を無視し、戦いを楽しんでいた孫悟飯は激しく後悔。

 

その場に泣き崩れます。

 

 

セルの笑い声が響く中、孫悟空が動きます。

 

クリリンたちZ戦士に別れを告げ、瞬間移動で悟飯とセルの元へ。

 

 

孫悟飯にも労いとお別れの言葉を告げて、セルと一緒にどこかへ消えてしまいます。

 

 

瞬間移動した先は、界王様の住む界王星。

 

状況を理解したセルは、絶叫しながら大爆発します。

 

 

孫悟空だけでなく、界王様・バブルスも(アニメ版はグレゴリーも)一緒に爆発に巻き込まれ、死亡しています。

 

 

とはいえ、界王星のある場所がもともとあの世だからか…

 

頭の上に天使の輪がある点を除いては、彼らの肉体はそのままで変化はありません。

 

 

爆発したセル自身は、生存しており…

 

バラバラになった肉体がピッコロの遺伝子により再生。

 

 

サイヤ人の遺伝子もあるからか、死の淵から蘇ったことで大幅にパワーアップを遂げていました。

 

3回目:明らかに死んだはずが…その後も戦い続けて勝利

 

アニメ:ドラゴンボールGT・63話「奇跡の逆転勝利!!宇宙を救った悟空」

 

アニメ:ドラゴンボールGT・64話「さらば悟空…また逢う日まで」

 

 

なぜ、2話分挙げているのか?というと…

 

 

孫悟空が死んだのは、どちらの話の時点なのか?

 

そもそも、生きているのか死亡したのか?

 

 

はっきりしない演出だったからです。

 

 

63話は、一星球(イーシンチュウ)との最後の戦いが決着するストーリーです。

 

 

ベジータのサイヤ人4が解除され、スーパーサイヤ人すらなれないまま悟空と共闘。

 

しかし一星球に敵うはずもなく、一方的に攻撃を受けてダウン。

 

 

一星球がパワーボールを放ち、地球ごと消滅させようとします。

 

絶体絶命の中、それを両手で受け止める悟空。

 

 

一星球は自ら取り込んだ他の邪悪龍の力を借り、押し切ります。

 

悟空の体が地面に沈み始め、そのまま爆発してしまいます。

 

 

地球自体は無事ですが、爆発した場所には大きな穴が空いていました。

 

そこに、孫悟空の姿はありません。

 

 

今度は、マイナスエネルギーで地球に天変地異を起こす一星球。

 

ベジータ・悟飯・悟天・トランクスが戦いを挑みますが、返り討ちに遭います。

 

 

穴の中で、倒れた状態の悟空。

 

元気を分けてくれと、世界中の人々に心の中で呼びかけます。

 

 

出来た元気玉を掲げながら、穴の中から孫悟空が浮上。

 

界王様を通じて宇宙中の人々から元気を貰い、元気玉はさらに巨大化します。

 

 

一星球が気弾を連発し、何発も命中。

 

パワーボールまで当てたのに、なぜか悟空は平気でした。

 

 

孫悟空が超ウルトラ元気玉を放ち、一星球は為す術もなく粉々になります。

 

勝負には勝ちましたが、孫悟空は地面に倒れたまま…

 

 

64話は、超ウルトラ元気玉で超一星龍を撃破した後。

 

その後誰も呪文を唱えていないのに、なぜか神龍が現れます。

 

 

神龍が目を光らせると、倒れていた孫悟空の体も光り…

 

目を覚まし、起き上がりました。

 

 

神龍は、今後ドラゴンボールを使わせることを拒否。

 

姿を消すと告げます。

 

 

しかし、孫悟空は最後に一つだけ願いを叶えてほしいと頼みます。

 

それは、「ドラゴンボール(邪悪龍)との争いで失った命を復活させてほしい」という願い。

 

 

神龍はその願いを叶え、世界中には生き返った大勢の人々の姿が…

 

 

孫悟空は、神龍に乗って飛び去りました。

 

 

この後、孫悟空には異変が。

 

それに気づいたのは、ベジータ・ピッコロ・そしてなぜか亀仙人の3人だけでした。

 

 

神龍に乗っていく前に、何かに気づいたベジータ。

 

 

悟空が去った後、パンが見つけたのは…

 

地面に落ちているボロボロになった悟空の道着。

 

 

ベジータはそれを見て、「そいつは大事にとっておけ」と言っていました。

 

飛び去った悟空の姿は幻で、本当の肉体や生命はすでに無かったのでしょうか?

 

 

カメハウスに寄った悟空とクリリンが、修行時代のように組み手を行いました。

 

それを見た亀仙人もまた、何かに気づきます。

 

 

会話の途中なのに、いつの間にか消えていた悟空の姿。

 

亀仙人は、心の中で「神龍に伝えてくれ、ドラゴンボールをありがとうとな」と消えた悟空に呼びかけました。

 

 

孫悟空が次に姿を現したのは、ピッコロのいる地獄。

 

急に現れた悟空は、ピッコロに握手を求めます。

 

 

握手したとき、電気のようなものが起きてピッコロがはっとします。

 

悟空はピッコロに別れを告げて、姿を消しました。

 

 

神龍の背中に乗って眠りにつく、孫悟空。

 

体の中に、7つのドラゴンボールが吸い込まれてゆきます。

 

 

7つ全て吸い込まれた直後、悟空の姿も消えてしまいました。

 

 

これまでの流れをまとめると、このように不自然な点だらけ。

 

・一星球の攻撃を受けたはずなのに、なぜかダメージを受けていない

 

・神龍の目が光り、悟空が目を覚ました

 

・孫悟空の道着が、地面に落ちていた

 

・ベジータ、亀仙人、ピッコロは何かに気づいた?

 

・最後、孫悟空の姿が消えた

 

・その後、パオズ山へ帰った描写は無い

 

以上の現象から…

 

「一星球のパワーボールを受けた時点で、すでに死んだのではないか?」とも解釈できますが。

 

・絶命したのがどのタイミングかわからない

 

・そもそも、死んだかはっきりしていない

 

このため、疑惑の1回と評するしかないのが実際の所。

 

 

以上、ドラゴンボールの作中で孫悟空が死んだ回数と死亡シーンを掲載しました。

 

 

原作漫画で孫悟空が死んだ回数は、2回。

 

アニメ「ドラゴンボールGT」の疑惑の1回?も加えると、合計3回も死亡したことになります。

 

 

孫悟空が生き返る回数は、計2回。

 

ではいつ復活したのか、具体的なシーンを挙げてご紹介しましょう。

 

ドラゴンボールの孫悟空が生き返るシーン一覧

 

生き返るシーン1回目:神龍への願いで、界王星で生き返る

 

原作漫画:18巻・其之二百十二「サイヤ人迫る!!」

 

アニメ版:ドラゴンボールZ・21話「いでよ神龍!サイヤ人ついに地球到着」

 

サイヤ人が地球に到着する日が近づく中、いよいよ孫悟空をドラゴンボールで生き返らせることに。

 

界王様の体を通して、テレパシーを使いカメハウスにいる亀仙人に連絡を取ります。

 

 

亀仙人やブルマたちはドラゴンボールを用意し、神龍を呼び出します。

 

 

当初の予定通り孫悟空を生き返らせる願いを伝えると、悟空の頭の上に浮かんでいた天使の輪が消えました。

 

 

ちなみにサイヤ人を消すことは神の力を超える願いなため、叶えるのは不可能とのこと。

 

2回目:老界王神に命をもらう

 

原作漫画:28巻・其之五百「大逆転」

 

アニメ版:ドラゴンボールZ・266話「全宇宙のために…よみがえれ孫悟空」

 

魔人ブウが、ゴテンクスやピッコロを吸収したことでパワーアップ。

 

 

有利な立場のアルティメット悟飯でしたが、今度は一気に形勢が逆転。

 

ピンチに陥ってしまいます。

 

 

界王神界で戦いを見守っていた老界王神は、隣りにいる孫悟空にとある提案を。

 

それは、自分の命を悟空にあげて戦いの場に赴くこと。

 

 

命を悟空に渡したことで、その場に倒れた老界王神。

 

その後即座に、頭の上に天使の輪が浮かんだ状態で起き上がりました。

 

 

見た目がほとんど変わらないのはともかく、老界王神から孫悟空へ命が渡されたのは確かのようです。

 

 

セルゲーム以降、あの世で暮らし続けていた孫悟空。

 

死亡期間は、実に7年間にも及びます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加