フーゴのその後。最後はどうなったのか(ジョジョの奇妙な冒険5部)

フーゴのその後。最後はどうなったのか(ジョジョの奇妙な冒険5部)

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」でブチャラティチームの一員として登場したキャラが、パンナコッタ・フーゴでした。

 

 

中盤でブチャラティがギャング組織を離脱したことで、その行動や考え方について行けなくなります。

 

 

そしてなんと、そのまま物語自体からドロップアウト。

 

命を落としたわけでもなく、大怪我でリタイアしたわけでもなく。

 

ある意味、衝撃的な別れのシーンとなりました。

 

 

そして、最後まで全く登場せずに5部は完結。

 

フーゴはその後、どうなったのでしょうか?

 

 

なんと、彼について語られた後日談が存在しました。

 

スポンサーリンク

ジョジョ5部でパンナコッタ・フーゴが登場した、最後のシーンをおさらい!

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」の中盤。

 

サン・ジョルジョ・マジョーレ教会では、組織のボスへ娘を引き渡すことで任務を完了する予定でした。

 

 

しかしボスの目的とは、娘・トリッシュを自らの手で消すこと。

 

自分の正体にたどり着かないよう、身内や関係者を全て亡き者にするようです。

 

 

もともと、違法な薬物を売りさばくボスの方針に疑問を覚えていたブチャラティ。

 

 

彼の行動を「吐き気をもよおす邪悪」と称し、怒りを覚え…

 

ついに、組織を裏切ることを決意します。

 

 

ボスの謎の能力によって、致命傷を受けながらも…

 

ジョルノの助けもあり、トリッシュを連れて教会を脱出。

 

 

外につけてあるボートに戻ったブチャラティ。

 

引き渡すはずのトリッシュを連れて戻った彼の姿に、チームのメンバーが困惑します。

 

 

頼りになるはずのリーダーの奇妙な行動に、説明を求めるアバッキオ。

 

彼らに対し、組織を裏切ったことを告げるブチャラティ。

 

 

その信じられない内容を一瞬では理解できず、戸惑う彼ら。

 

 

ミスタやナランチャは聞き返し、アバッキオは沈黙。

 

フーゴは、すでに怒りの混じった話し方に。

 

 

もともとボスを倒すために組織入りしたジョルノは、もちろん冷静。

 

メンバーにこうなった経緯を説明することを、ブチャラティに勧めます。

 

 

ボスの目的や教会内で起こった出来事を、メンバーに伝えたブチャラティ。

 

 

彼はすでに組織を裏切ったため、リーダーとしての命令ではありません。

 

それでも「助けが必要」と言い、一緒にボートへ乗ってくれる者を募ります。

 

 

しかし、フーゴはその考え方について行けません。

 

自分たちは、組織が無しで生きられないとも。

 

 

アバッキオも、その意見に賛同。

 

 

ブチャラティのしたことは、自さつ行為。

 

さらに自分が忠誠を誓ったのは組織であり、ブチャラティではないと。

 

 

そう言いながらも…

 

「社会から追いやられて居場所の無い自分が落ち着けるのは、ブチャラティと一緒にいる時だけ」といったツンデレぶりを発揮します。

 

 

アバッキオに続き、ミスタもブチャラティの方につきます。

 

将来ブチャラティがボスになることを確信してか、自分が幹部になることも期待しながら。

 

 

そんな彼らの行動にフーゴは驚き、組織に狙われ孤立することを恐れます。

 

 

一方、ナランチャは悩みます。

 

ブチャラティは敢えて彼を誘わず。ボートを発進させました。

 

 

ナランチャは、ボートに乗せられたトリッシュの手首の血を見て…

 

彼女の父親であるはずのボスに攻撃されたのだと確信します。

 

父親や親友に裏切られた自分と似た境遇の、自分とトリッシュ。

 

 

ジョルノが後ろを振り返ると、ナランチャが運河に飛び込み泳いで追いかけてくるのを発見します。

 

 

ナランチャを引き揚げたメンバーは、ボートを再発進。

 

無言で見つめるフーゴをよそに、教会を離れてゆきます。

 

 

これが、フーゴが登場した最後のシーンでした。

 

 

その後、漫画本編においてはエピローグにあたる「眠れる奴隷」にしか登場しません。

 

しかしこれは回想エピソードであり、ブチャラティチームのメンバーがジョルノと出会う前の過去の話なのです。

 

 

つまり、ブチャラティ達と別れて組織に残ったフーゴがその後どうなったのか?

 

漫画本編では、一切描かれていないのです。

 

 

パンナコッタ・フーゴのその後が描かれた小説が発売!

 

ジョジョの奇妙な冒険は、6部・7部・8部とシリーズが続き、現在も連載中です。

 

しかし5部で別れたフーゴのその後に関しては、謎のままでした。

 

 

そして2011年、フーゴが主人公の小説「恥知らずのパープルヘイズ」が発刊されます。

 


恥知らずのパープルヘイズ ―ジョジョの奇妙な冒険より― (JUMP j BOOKS)

 

内容は、ジョジョ5部の後日談となっています。

 

 

今回の小説のみに登場するスタンド使いもいて、それぞれの能力は凶悪。

 

漫画本編の敵スタンド使いより、強すぎでは?と思ったりもするのですが…

 

 

フーゴは組織の者に見つかり、ミスタの元に連れてこられます。

 

ミスタはかつての仲間に銃口を向けながら、皮肉や侮辱の言葉をぶつけます。

 

 

さらにミスタはフーゴに対し、「チームを離れてから何をしていたか?」も聞きますが…

 

組織の調査により、半年ほどバーでピアノを弾いていたことは突き止められていました。

 

 

そして最後に、「現在のパッショーネ(ジョルノがボスの組織)の敵でないことを証明する」ために…

 

ディアボロの残党である、麻薬チームを倒すことを命じるのでした。

 

 

任務を終えてボロボロになったフーゴが、とあるリストランテにつれてこられます。

 

何らかの処分を受けることを覚悟しながら待っていると、食事している者の存在に気づきます。

 

 

食事していたのは、現在の組織のボスであるジョルノ・ジョバァーナでした。

 

 

彼は、フーゴに任務を与えた理由を話し出すのですが…

 

なんと、フーゴを始末することも考えていたとのこと。

 

 

フーゴが臨んだ任務や戦い、ボスになったジョルノとの会話の詳しい内容を知りたい人は…

 

ぜひ、小説「恥知らずのパープルヘイズ」を読んでみてください。

 

フーゴのスタンド・パープルヘイズが最強なのに離脱した理由は

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加