トリッシュ・ウナのその後。最後はどうなった(ジョジョの奇妙な冒険)

トリッシュ・ウナのその後。最後はどうなった(ジョジョの奇妙な冒険)

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部「黄金の風」における重要人物のひとり、トリッシュ・ウナ。

 

彼女は、ギャング組織・パッショーネのボスの娘です。

 

 

初めは、組織の裏切りを謀った暗さつチームから護衛すべき人物として登場。

 

 

護衛の任務を完了する段階で、一度はボスに引き渡すものの…

 

ブチャラティがボスや組織を裏切ったことで、仲間として同行することに。

 

 

追手から逃亡中にスタンド能力に目覚め、ラスボス・ディアボロ戦でも最後まで生き残りました。

 

 

トリッシュ・ウナはその後、どうなったのでしょうか?

 

今後も、組織に関係しているとは思えないのですが…

 

スポンサーリンク

ジョジョ5部でトリッシュ・ウナが登場した、最後のシーンをおさらい!

 

コロッセウムで起こった、組織のボス・ディアボロとの最終決戦。

 

 

ジョルノ・ジョバァーナが矢を手にし、ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムを発動。

 

ディアボロのスタンド能力であるキング・クリムゾンさえも無力化し、倒すことに成功します。

 

 

シルバーチャリオッツレクイエムの能力により、ミスタとトリッシュの魂が入れ替わっていました。

 

 

ミスタの肉体に乗り移っていたトリッシュは、「ワキガ臭い」とか「指に毛が生えている」など…

 

散々な言い様でした。

 

 

しかし、お互い元の体に戻ってからは…

 

トリッシュは「気にならなくなった」「懐かしいと思ったりして」と、ミスタの匂いに対する拒絶反応は無くなっていたようです。

 

 

ひとしきりはしゃいだ後…

 

生きている(と思い込んでいる)ブチャラティの元へと、二人で向かいました。

 

 

漫画本編においてトリッシュ・ウナが登場していた最後のシーンは、以上です。

 

 

ジョルノ・ジョバァーナは、新生パッショーネのボスに。

 

ミスタとポルナレフ(亀)は、ジョルノの側についていました。

 

 

一方トリッシュは一般人なため、その後組織と関わりは無さそうです。

 

母親は亡くなってまいましたが、普通の生活に戻ったのでしょうか?

 

トリッシュ・ウナのその後が描かれた小説が発売!

 

先程書いたとおり、トリッシュ・ウナの後日談は漫画では一切描かれていません。

 

あくまでも、読者の想像に任せる感じでしょうか?

 

 

原作漫画では描かれなかったものの…

 

2011年に発売された小説「恥知らずのパープルヘイズ」では、彼女のその後が語られていました。

 


恥知らずのパープルヘイズ ―ジョジョの奇妙な冒険より― (JUMP j BOOKS)

 

この小説の内容はジョジョ5部の後日談となっており、中心人物はあのフーゴ。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険・5部が終了したのは、1999年。

 

なんと12年以上も経ってから、続きが描かれたことになります。

 

 

小説を書いたのは荒木先生ではなく、「ブギーポップは笑わない」シリーズが代表作の上遠野浩平さんです。

 

 

5部で生き残ったキャラは、今作品で全員登場しています。

 

 

フーゴをはじめ、ミスタやトリッシュ。

 

そして、ジョルノ・ジョバァーナも。

 

 

過去に戦った敵スタンド使い・サーレー(スタンド:クラフトワーク)やズッケェロ(スタンド:ソフトマシーン)も、作中に登場しています。

 

 

小説「恥知らずのパープルヘイズ」の中で、最初にトリッシュ・ウナが登場したのは…

 

クライマックとも言える、リストランテでのシーンです。

 

 

とはいえ…

 

実際にリストランテにいたのは、フーゴとジョルノのふたり。

 

 

トリッシュは、店内でかかっているラジオ番組に出演していました。

 

 

最初はトリッシュの歌っている曲が流れ、次に番組の司会が彼女にインタビューします。

 

歌手活動を再開し、期待の新人としてCDデビューを果たしたことが明かされます。

 

 

さらに、しばらく姿を消していたことについても触れられています。

 

 

当然その理由は、ブチャラティチームと共に行動していたから。

 

事実は詳しく話さず、「サルディニアやローマを旅していた」とだけ話していました。

 

 

さらにトリッシュのその後に関しては、別のエピソードが用意されていました。

 

 

「恥知らずのパープルヘイズ」が完結した次のページには、「トリッシュ、花を手向ける」という話が続きます。

 

こちらはかなり短い話で、14ページほどでした。

 

 

コロッセオでこの世を去ったブチャラティ。

 

トリッシュは、彼の墓を訪ねます。

 

 

すると、ブチャラティの母親が墓の前にやってきます。

 

彼女は、本編でもブチャラティの回想シーンに登場していました。

 

 

長い間息子と会っていなかった母親は、ブチャラティがどうやって死んだのかをトリッシュに尋ねますが…

 

トリッシュは、それに対しどう答えようか迷います。

 

 

ちなみに、この「トリッシュ、花を手向ける」では…

 

ディアボロを撃破した後にブチャラティの亡骸を発見したシーンも描かれています。

 

 

ブチャラティがすでに死んでいた事実を知らずに来た、ミスタ。

 

それを知っていたジョルノに怒りを覚え、銃を向けます。

 

 

ほかにも小説「恥知らずのパープルヘイズ」では、フーゴとジョルノが再会したシーンも描かれています。

 

ジョジョ5部・黄金の風の死亡者と死因一覧。生存者が少なすぎ…

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加