空条承太郎のショックな最期…6部で死亡した後復活する可能性は?

空条承太郎のショックな最期…6部で死亡した後復活する可能性は?

 

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する数々のスタンド使いが、第3部の主人公・空条承太郎です。

 

 

彼が操るスタンド最強の能力「スタープラチナ」は、圧倒的なパワーを誇る一方で精密な動きが可能。

 

 

終盤・DIOとの戦いの中では時間が停止した世界の中で動くことができるようになっただけでなく…

 

自身も時間停止能力「スタープラチナ・ザ・ワールド」を身につけました。

 

 

主人公の座を譲ったあと第4部・5部・6部にも登場していた承太郎でしたが…

 

なんと、「6部ストーンオーシャン」の終盤で死亡してしまいます。

 

 

一体、どういった形であの世に旅立ってしまったのでしょうか?

 

あの強い彼が…

 

 

この記事には、空条承太郎の最期のシーンを掲載しています。

 

物語のネタバレになってしまいますので、自分の目で確かめたい場合は読まないほうがいいかも知れません。

 

 

また、彼が復活することを希望しているファンもいるようなのですが…

 

その可能性ってあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険・空条承太郎が6部で死亡!最期の姿にショック…


ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)

 

空条承太郎が死亡する巻は、「ストーンオーシャン」の最終巻である17巻です。

 

 

第6部「ストーンオーシャン」のラスボス・プッチ神父が持つスタンドの完全体が、「メイド・イン・ヘブン」。

 

「時を際限なく加速する」能力を持ちます。

 

 

無限に加速の末に宇宙を一巡させ、この世界に天国を実現させるために誕生しました。

 

 

その加速した時間の中を、プッチ神父だけは同じく加速した速度で行動できるので…

 

通常の時間軸で動くその他の人物(空条徐倫や承太郎たち)には目に映らないほどの超高速の攻撃を放ってきます。

 

 

その事態に気づき攻撃に対応することが出来たのは、同じく時間に干渉する「時を止める能力」があるスタープラチナを持つ空条承太郎のみでした。

 

 

そこで承太郎は時を止め、プッチ神父の攻撃に応戦するのですが…

 

加速が速すぎて、姿を捕捉するものの対処できません。

 

 

時間の流れ自体が速くなっているため、時間停止をしてもすぐに解除されてしまうのです。

 

 

オラオラのラッシュもあっさりとかわされ、喉を攻撃されてしまうのですが…

 

アナスイの「人体や物に潜伏する」スタンド能力によって守られ、ダメージを軽減することに成功します。

 

 

しかしこの時点で、「スタープラチナは、メイド・イン・ヘブンに敵わない」ことが証明されてしまいます。

 

 

アナスイは「全員の中に自分のスタンドを潜伏させることで、次のダメージを必ず自分が引き受けること」、そして「その瞬間にプッチを叩く」よう承太郎に提案します。

 

 

アナスイが攻撃を受けたことを合図に、承太郎は時間停止能力「スタープラチナ・ザ・ワールド」を発動。

 

アナスイに貫通したメイド・イン・ヘブンの左腕を、スタープラチナが掴みます。

 

 

ついに反撃の瞬間かと思いきや…

 

掴んでいたのは、娘・空条徐倫のスタンドの腕でした。

 

 

プッチは先を読み、空条徐倫のスタンド・ストーンフリーの腕を使ってアナスイに攻撃をしていたのです。

 

 

一手出遅れた承太郎が、残りの時間でプッチを探し仕留めようとしたとき…

 

プッチのスタンドはすでに空条徐倫の背後に回り込み、無数のナイフを放っている様子に気づきました。

 

 

奇しくも、宿敵・DIOが第3部で自分に向けてそうしたように。

 

 

アナスイは、その攻撃よりすでに絶命。

 

 

プッチをそのまま攻撃することは、娘を見捨てることでした。

 

 

承太郎は激しく咆哮し、空条徐倫を引き寄せてナイフから逃がしてから攻撃しようとします。

 

 

しかし限られた時間の中では、その行動が命取り。

 

父親でありジョースター家の血を引く者である彼が、誇りある選択をすることはプッチによって予測されていました。

 

 

第6部の序盤・ホワイトスネイクに攻撃されディスクを奪われた時と、同じ状況を辿ってしまいます。

 

 

絶体絶命に陥った承太郎を救うべくエルメェスがプッチを背後から攻撃しますが、あえなく絶命。

 

 

そしてその瞬間、承太郎のトレードマークである帽子から頭頂部から顎まで攻撃され…

 

「最強のスタンド使い」と言われていた彼は、あまりにもあっけなく最期を迎えてしまうのです。

 

 

漫画ではありがちな「ドラマチックな最期」ではなく、あまりにもあっさりとした終わり方…

 

しかも、ショッキングな展開はこれだけで終わりません。

 

 

空条徐倫は脇腹に避け損ねたナイフを受け、瀕死の状態である方法でエンポリオを逃がし、プッチに反撃を試みますがあえなく死亡。

 

なんと、「主要キャラが主人公を含めて一瞬のうちにほぼ全滅する」という驚愕の状態になります。

 

 

逃げるエンポリオの視界に映る、既に肉体が朽ちて白骨化していく(時間の流れが加速しているため)承太郎のたちの姿は衝撃的です。

 

 

どう考えても、こんな状況でプッチ神父を倒す方法などありません。

 

ここからどのように完結していくのかは、ぜひご自分の目で確かめてください。

 

空条承太郎が復活する可能性は?

 

今後、ジョジョにおいて空条承太郎が復活する可能性ってあるのでしょうか?

 

 

作品で首位を争う人気キャラなだけあって、そう望んでいるファンも多いようなのですが…

 

個人的には、もう登場してほしくはないですね。

 

 

なぜなら…

 

再登場や後日談に出てきたキャラは、たいてい不遇な扱いを受けてしまうからです。

 

 

主人公やメインキャラに限定しても、これだけいます。

 

 

ポルナレフ

 

・ディアボロに追い詰められて再起不能に。右目・右腕・両足を失い、車椅子に乗った状態で再登場。

 

・コロッセオでディアボロと遭遇。再戦するが、死亡。

 

・魂だけの存在になり、亀の中で生き延びる。

 

ジョルノがギャングのボスになった後…

 

小説「恥知らずのパープルヘイズ」において、組織のナンバー2になったことが明かされています。

 

この点は、大きな救いでしょうか。

 

 

広瀬康一

 

・5部で再登場するも、いきなりジョルノにパスポートなど荷物を盗まれる。

 

・日本にいる承太郎に、「帰りたいです」と電話で泣き言。

 

・ジョルノの部屋に不法侵入。

 

・まさかの5部序盤で姿を消す(帰国)。

 

4部で最も成長したキャラとして、ある意味仗助よりも主人公らしい印象があった康一くん。

 

 

しかし5部ではジョルノに振り回された印象があり、しかも序盤以外は全く出ず…

 

ほぼ、案内役のみで退場。

 

 

岸辺露伴

 

・「岸辺露伴は動かない」で、トニオ・トラサルディーと一緒にクロアワビを密漁。

 

最後、いい感じで締め括っていましたが…

 

立派な犯罪です。

 

 

ジョニィ・ジョースター

 

・7部の後に東方理那と結婚するが、原因不明の不治の病にかかる。

 

・国のシェルターから聖人の遺体を盗み出して、お尋ね者に。

 

・妻と息子の身代わりに病を引き受け、その後死亡。

 

ジョセフ・ジョースター

 

・4部になると、浮気が発覚。

 

・杖が必要になるほど老いた状態に。難聴ほか、いくつもの病気を患っている。

 

老いてしまったり様々な病気を患っているのは、年齢が年齢なので仕方ない部分もあります。

 

 

「浮気して子供まで作っていた」という、不名誉な新設定が追加されてしまったのは…

 

ジョセフ本人というよりは、奥さんのスージーQにとって不幸と言わざるを得ない。

 

 

仗助の設定を作るためか?インパクト重視なのか?

 

 

そして承太郎に至っては、この通り。

 

空条承太郎

 

・4部で再登場するも、格下のスタンド使いに苦戦。

 

・アンジェロ戦で追い詰められ、「何がおかしい。追いつめられちまったんだぜ?」と、まさかの泣き言。

 

・億泰がいない時に限り、敵の能力を真っ先に受ける悲しい役どころ(ラット戦など)。

 

・シアーハートアタックの攻撃により、大怪我。その後現れた、格下の吉良吉影にdisられまくり。

 

・吉良吉影のバイツァ・ダストにより、一度死亡。しかも解除したのは、スタンド使いでない早人だった。

 

・6部時点で結婚した後離婚もしており、娘・徐倫には長年恨まれていた。

 

・6部の序盤でいきなりプッチ神父の罠にはまり、記憶と能力のディスクを奪われる。その後、ほとんど登場せず。

 

・ディスクが戻った終盤でやっと再登場するものの、プッチ神父に敗北。

 

4部の終盤では、時間停止&オラオラのラッシュでバイツァ・ダストを阻止。

 

 

面目を保った感じですが…

 

その後6部での扱いが、あんまりだった印象しかない。

 

 

むしろ「娘・徐倫を庇って命を失った名誉ある死」で終わらせたほうが、彼のためなのではないか?

 

これ以上可愛そうな扱いを受けるのは、見たくありません。

 

 

7部や8部を見る限り、今後承太郎と似た名前のキャラクターが登場する可能性も、0ではないでしょうが…

 

それは我々が知っている彼ではないわけで、復活とは言い難いです。

 

 

かといって「キャラクターが不憫だから復活」して、いまさら3部時代の無双ぶりをなぞられても…

 

漫画として面白いかといえば絶対面白くはないし、読みたいとは思えないんですよね。

 

 

飽きられてファンが離れる未来しか見えない気が…

 

プッチ神父のスタンド能力が最強!承太郎すら圧倒した強さとは?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加