イエローテンパランスの能力は最強?

イエローテンパランスの能力は最強?

 

ジョジョの奇妙な冒険・第3部「スターダストクルセイダース」に登場していた、DIOの刺客ラバーソール。

 

「イエローテンパランス」のスタンド能力を使う男でした。

 

 

「イエローテンパランスが最強」という説があるそうなのですが・・・

 

最強のスタンドになりうるほど強い能力なのでしょうか?

スポンサーリンク

イエローテンパランスの能力は?

 

最強のスタンド能力という意見もある、イエローテンパランスの能力。

 

どんな能力だったでしょうか?おさらいしてみることにしましょう。

 

 

イエローテンパランスは、見た目はスライムのような肉状のスタンドです。

 

このスライムのような肉が、あらゆる生物を取り込んでしまうという恐ろしいスタンド能力です。

 

生物だけでなく、無機物やスタンドにまで取り付きます。

 

この肉のスタンドは、承太郎のスタープラチナの拳でもダメージを与えることができませんでした。

 

鉄棒を持ち出してもダメ・・・

 

 

衝撃を分散・吸収するだけでなく、肉のスタンドがスタープラチナの拳にとりつき、食い込んできました。

 

 

本体であるスタンド使い・ラバーソールの体から離れても食い込んだ肉の一部は承太郎(スタープラチナ)の手から消えることはなく、ダメージを与え続けていました。

 

 

本体・ラバーソールがスライム状の肉を体中にまとっている時には、物理的な衝撃は一切通用しない防御壁となり・・・

 

どんなにスピードが速くても強い衝撃を与えても衝撃を吸収・分散してしまうため、本体のラバーソールは無傷です。

 

 

スタープラチナのパワーでさえ無傷ということは、DIOのザワールドさえも・・・?

 

 

それどころか、攻撃側にイエローテンパランスが取り付き反撃されてしまいます。

 

パワーの強いスタープラチナを使う承太郎でさえ、この能力には苦戦を強いられていました。

 

イエローテンパランスの弱点とは?

 

衝撃を吸収・分散するだけでなく反撃までしてくる・・・

 

まさに最強のスタンド能力?

 

 

そのイエローテンパランスにも、弱点がありました。

 

 

承太郎自身がイエローテンパランスに捕まり、取り込まれてしまうのか・・・?という時。

 

承太郎の機転により、本体であるラバーソールを巻き込んで一緒に海へとダイブ。

 

水中に潜ります。

 

 

水中深くまで潜ってしまったラバーソールは、呼吸をするために顔をムキ出しにすることで隙を見せてしまいました。

 

そのおかげで、承太郎は反撃に移ることができました。

 

もし、水場がなかったら・・・

 

ジョジョの奇妙な冒険のバトルにおいて、「もし〜だったら」なんて話は無粋であることは承知の上で・・・

 

 

もし、バトルの舞台に海や川、池などがなかったとしたら・・・

 

これこそ、本当に弱点がありません。

 

 

本体のラバーソールにダメージを与える方法はなさそうです。

 

イエローテンパランスVSマジシャンズレッド

 

イエローテンパランスの防御壁に通用しそうなスタンド方法は・・・

 

ジョースター一行の中では、アブドゥルのスタンド能力・マジシャンズレッドの炎くらいでしょうか?

 

 

そのまま炎で攻撃しても、イエローテンパランスが飛び散ってしまいます。

 

 

レッドバインドで本体であるラバーソールの顔を包み、呼吸を奪うとか・・・?

 

どのみち、相打ちを覚悟する必要がありそうです。

 

イエローテンパランスVS黒幕オールスターズ

 

最強クラスのスタンド使い・DIOの力も、イエローテンパランスに通じるかどうかわからないでしょう。

 

スタープラチナでさえ、ノーダメージですからね・・・

 

ザ・ワールドの拳も、本体DIOの吸血鬼としての怪力も、ラバーソールにダメージを与えることは難しいかも知れません。

 

 

同じ近距離タイプの、ディアボロのスタンド能力「キングクリムゾン」でさえも難しいかも知れません。

 

 

プッチ神父の「メイドインヘブン」はどうか?と考えましたが・・・

 

そもそも、プッチ神父の行動からすると一か八かの賭けみたいな真似はしなさそうです。

 

 

最早自分を倒せる者などいないにもかかわらず、承太郎たちから距離をおいていましたから。

 

 

攻撃して取り付いたイエローテンパランスが加速した時間の中、高速で体を侵食してしまう可能性も考えられますので・・・

 

長い間裏工作に徹してきたプッチ神父の慎重な性格からして、そんな危ない賭けはしないと思われます。

 

 

「スタープラチナの拳がまともに当たっても全くの無傷」というスタンド能力は他にありませんので・・・

 

この事実だけでも、「イエローテンパランスが最強クラスのスタンド」と言える証拠にはなりそうです。

 

まとめ

 

イエローテンパランスには、スタープラチナのパワーでさえも分散・吸収しノーダメージ。

 

バトルの場所・環境によっては、本当に弱点がなくなってしまう。

 

ラバーソールのスタンド能力「イエローテンパランス」は、最強クラスといってもいい。

 

イエローテンパランスの本体はハンサム顔か?

 

「これがおれの本体のハンサム顔だ」

 

 

変装を解いたときに、ラバーソールが言っていた印象的なセリフです。

 

 

ラバーソールとは、ジョジョの奇妙な冒険・第3部「スターダストクルセイダース」に出てきたDIOに雇われたスタンド使い。

 

「イエローテンパランス」というスタンド能力の本体でした。

 

 

本体のラバーソール自身は自分のことを「ハンサム顔」だと自画自賛していましたが…

 

ハンサム顔でしょうか?

 

「イエローテンパランス」の本体 ラバーソールという男

 

スタンド能力「イエローテンパランス」を操り、承太郎を罵倒しながら挑戦してきた本体ラバーソール。

 

 

一時はスタンド能力であるスライムのような肉状のものを変化させて花京院に変装していました。

 

花京院に変装しながらの、あまりの珍行動の連続。

 

 

しかし、承太郎は特に敵だと怪しんだ様子もなく…

 

ラバーソールが化けた偽者の花京院に対して、本物の花京院であることを疑いませんでした。

 

 

あくまで仲間への友情として、目を覚まさせるために制裁を加えたのでした。

 

 

その衝撃で変装が解け、ラバーソール本体の顔が現れました。

 

「これがおれの本体のハンサム顔だ」というセリフとともに。

 

 

この後展開されるバトルの中、ラバーソールが承太郎に向けて発した、暴言や下品な言葉。

 

さらに、無関係の者を巻き込むといった行為や最後の卑怯な行動など…

 

 

あまりにもこれらが印象的なため、ラバーソールに対してはハンサムという評価は難しいでしょう。

 

イエローテンパランスの本体、見た目はハンサムか?

 

ジョジョの奇妙な冒険には、さまざまなルックスの登場人物が登場しています。

 

 

その中で、イエローテンパランスの本体・ラバーソールはハンサムの部類に入るでしょう。

 

 

ただ…

 

ラバーソールが口にする悪役らしいセリフの数々とか、大口を開けて笑ったりする場面が多すぎたり。

 

彼自身の行動のせいで、もともとのハンサム顔を台無しにしている感じがあります。

 

 

そして、最終的には承太郎とのバトルの中ハンサムとは言いがたい顔に変えられてしまったのでした…

 

まとめ

 

イエローテンパランスの本体・ラバーソールは、ジョジョの奇妙な冒険に出てくるキャラクターの中ではハンサム顔の部類に入る。

 

しかし、彼の言葉や行動がそれを台無しにしてしまっている。

 

スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック