戦場ヶ原ひたぎの声優が交代?声が変わった理由は

戦場ヶ原ひたぎの声優が交代?声が変わった理由は

戦場ヶ原ひたぎの声優が交代?声が変わった理由は

 

化物語をはじめとした「物語シリーズ」でメインヒロイン的な立ち位置にいるキャラクターが、戦場ヶ原ひたぎです。

 

しかしアニメを観た人の中には、彼女についてとある疑問が浮かんでいたようです。

 

 

「もしかして、戦場ヶ原ひたぎの声優って変更されたの?」「斎藤千和さんから別の人に交代した?」

 

 

「物語シリーズ」全般を通して観ている人の中には、このような疑問をネットやSNSに投げかけている人を見かけました。

 

一体、どういうことなのでしょう?

 

 

実際、声が変わったり担当声優が交代されたりしたのでしょうか?

 

 

この事について、「物語シリーズ」ファンの方から意見をいただくことができました。

 

以下の内容は、その方の発言です。

スポンサーリンク

物語シリーズのヒロイン・戦場ヶ原ひたぎの声優は交代したのか?声が変わった理由って?

 

主人公である阿良々木暦が第一巻で救済しており、読者や視聴者の目線で見てもヒロイン第一号と言える深窓の令嬢風美少女・戦場ヶ原ひたぎ。

 

アニメ第1話「ひたぎクラブ 其ノ壹」から登場し、主人公・阿良々木暦と出会います。

 

 

彼女の声を演じるのは、声優の斎藤千和さんです。

 

 

感情の機微を豊かな演技力によって演じてくれる実力ある声優さんですが、ひたぎの演技も変わったと言われます。

 

 

ひたぎは当初、第一作目である化物語では母親が悪徳宗教にのめり込んで家庭が崩壊した過去が生来のクールに過ぎる性格の上に乗った状態だったため、完全に人を寄せ付けないキャラクターとして描かれていました。

 

 

自分の秘密を知った暦に縋ったのも、果たして心を開いたからなのかどうかさえ曖昧だったものです。

 

 

しかし、主人公である暦の彼女に昇格して以来、掛け合いの会話は彼女を中心に展開されることも少なくはなくなりました。

 

自分の身の上や生来の性格を、暦や彼女自身が皮肉ることでオチとなっていました。

 

 

同時に、暦と深くかかわるようになる以前より口数は増え、おどけた発言も増え、暦とともに困難に立ち向かうまでの女性に変わっていきます。

 

 

それまで拒絶が主だった表面化した感情だった戦場ヶ原ひたぎでしたが…

 

やはり暦と恋仲となったことで、嫉妬・軽蔑・侮蔑・偏愛など、様々な感情がコロコロと表情や一言一句にあらわれているように。

 

そんな様子は、最初期の彼女とは全くの別人と言っていいでしょう。

 

 

最初期は沈黙が重く、口も重い、怪異のせいで軽くなっていた少女。

 

愛が重く、情も重く、しかし口元は軽やかに暴言雑言を吐く少女に転換していきました。

 

 

これほどまでのキャラクター性の変化が斎藤千和さんともあろう方が逃すわけもなく、結果として声音や演技の方向性といった部分で最初期のものとと最新のアニメシリーズには差があるのでしょう。

 

 

狂言回し的な役割に終始してしまう話も少なからずありますが…

 

 

サディスティックな行動と発言の裏に年齢相応の少女らしいキュートな一面を隠し持つ、芯の強い女性である戦場ヶ原ひたぎを演じるためには、それこそ千の声でも使わなければならないのかもしれません。

 

貝木泥舟は死亡?それとも死んでない?(恋物語)

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

続・終物語のあらすじ・ネタバレ感想!

 

化物語/物語シリーズを見る順番・アニメと小説本を時系列で紹介!

 

化物語の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

戦場ヶ原ひたぎの声優が交代?声が変わった理由は

 

クビキリサイクルのネタバレ・あらすじと感想(青色サヴァンと戯言遣い)

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ