メアリと魔女の花の声優一覧。本当に下手でひどいのか評価!

メアリと魔女の花の声優一覧。本当に下手でひどいのか評価!

 

2017年に映画館で公開されたアニメが、「メアリと魔女の花」。

 

スタジオジブリではなく、スタジオポノックで製作された1作目の長編です。

 

 

米林宏昌監督は「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」に携わっていたり、スタッフがほぼジブリ出身であることから、大きな注目を集めました。

 

 

この作品に声優として参加したのは、ほとんどが芸能人や俳優。

 

 

近年よく見かけるこのケース、演技がひどいという評価が立つことも多いようですが…

 

今作の場合は、どうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

アニメ映画「メアリと魔女の花」の声優一覧

 

メアリ

 

声:杉咲花

 

 

ドラマ「妖怪人間ベム」「夜行観覧車」「MOZU」「学校のカイダン」「連続テレビ小説・とと姉ちゃん」

 

アニメ「思い出のマーニー」

 

映画「無限の住人」

 

CM「味の素 Cook Do(回鍋肉編)」

 

 

ピーター

 

声:神木隆之介

 

 

マダム・マンブルチューク

 

声:天海祐希

 

 

ドラマ「離婚弁護士」「女王の教室」「BOSS」「GOLD」「緊急取調室」

 

映画「突入せよ! あさま山荘事件」「世界の中心で、愛をさけぶ」「ザ・マジックアワー」「カイジ 人生逆転ゲーム」「清州会議」

 

 

ドクター・デイ

 

声:小日向文世

 

 

ドラマ「真田丸」「新選組!」「HERO」「木更津キャッツアイ」「連続テレビ小説・まれ」「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」

 

映画「銀のエンゼル」「20世紀少年」「アウトレイジ」「ステキな金縛り」

 

 

フラナガン

 

声:佐藤二朗

 

 

ドラマ「ごくせん」「デスノート」「砂の器」「JIN 仁」「神の舌を持つ男」「医龍 Team Medical Dragon 2」「33分探偵」「勇者ヨシヒコシリーズ」

 

映画「幼獣マメシバ」「銀魂」

 

 

シャーロット

 

声:大竹しのぶ

 

 

ドラマ「大河ドラマ・江 姫たちの戦国」「男女7人夏物語」「男女7人秋物語」「北の国から95 秘密」「優しい時間」

 

映画「鉄道員 ぽっぽや」「黒い家」「GO」「海街diary」「ギャラクシー街道」

 

 

バンクス

 

声:渡辺えり

 

 

ドラマ「連続テレビ小説・あまちゃん」「おしん」「世にも奇妙な物語」「OUT 妻たちの犯罪」「土曜ワイド劇場・100の資格を持つ女 ふたりのバツイチ殺人捜査シリーズ」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

 

映画「Shall we ダンス?」

 

 

赤毛の魔女

 

声:満島ひかり

 

 

ドラマ「モテキ」「Woman」「ど根性ガエル」「トットてれび」「カルテット」

 

映画「愛のむきだし」「食堂かたつむり」「愚行録」

 

 

・ゼベディ

 

声:遠藤憲一

 

 

・ティブ

 

声:大谷育江

 

 

・ギブ

 

声:Lynn

 

以下の方々は、エンディングのクレジットに表記されてはいるものの…

 

役名がわかりませんでした。

 

 

上記のメインキャストの方々も、役名は表記されていませんでしたが。

 

濱健人

 

バトリ勝悟

 

広瀬裕也

 

藤原夏海

 

近松孝丞

 

大町知広

 

れいみ

 

坂井易直

 

中尾智

 

神戸光歩

 

「メアリと魔女の花」芸能人の声優演技はひどいって本当?下手なのか上手いのか

 

「メアリと魔女の花」は、ジブリ映画ではありません。

 

しかし近年のジブリ映画同様、ほとんどのキャラクターの声を芸能人や俳優が担当している点では同じ。

 

 

芸能人がメインで声優を担当している作品が、劇場公開されたり地上波放送されると…

 

必ずと言っていいほど、議論が起こります。

 

 

地上波のテレビ番組「金曜ロードショー」などでジブリ映画が放送されると、SNSでもこの話題が続出しています。

 

中には、どう聞いても下手と言わざるを得ないひどいケースもがあったり…

 

 

有名ではあるものの、声優経験がほとんどない有名芸能人。

 

大人の事情とはいえ、専門の人をキャスティングしないことに対しても批判がある模様。

 

 

今回は、そういったキャスティング事情の是非を抜きにして、各キャラクターの声に対する個人的な印象を述べます。

 

 

さすがに、物語に集中できなくなるほどひどい演技をしていた方はいなかった印象です。

 

細かいセリフを一々取り上げれば、若干不安定な部分もあったけれども。

 

 

まず、主人公・メアリ役の杉咲花さん。

 

声自体はあまり綺麗とは言えませんが、1時間40分ほどの長丁場を頑張っている感じはあります。

 

 

少なくとも棒読みではなく、セリフではない息の芝居の部分も丁寧に演じている印象があります。

 

自発的に研究していたのか、演技指導が良かったのかはわかりませんが。

 

 

とはいえ、彼女じゃなきゃいけない理由はないかも。

 

声優の学校を卒業した新人や若手の方が、上手に演じられそうな気が…

 

 

天海祐希さんは、さすがの一言。

 

吹き替えの仕事は、決して多くはないはずなのですが。

 

 

校内を案内する際、長台詞が続きますが…

 

ドラマや映画とはまた違った、緩急のある歌うような喋り方がアニメにしっくり来ます。

 

セリフもはっきりと聞こえ、聞き取りづらい部分も無し。

 

 

他作品では知的な人物の役が多い印象がありますが、胡散臭い人の役もしっくりくるので驚きでした。

 

 

中盤から終盤までほぼ出続けており、今作は天海さん無しでは成り立たないほど。

 

 

小日向文世さんは、最初の場面のセリフを聴いた時こそ「厳しい?」と思ったのですが。

 

声を張ったセリフは、違和感なく普通に聞けた感じです。

 

 

短い間に長く複雑なセリフをまくしたてるタイプのキャラのため、難しかったのかもしれません。

 

 

佐藤二朗さん・満島ひかりさん・神木隆之介さんも、特に違和感はなし。

 

ただ本人の声なので、声優として演じられるキャラクターは限定されるのかもしれません。

 

 

大竹しのぶさんは、最初敢えて声を弱めにしていたのか…?

 

序盤のみ聞きとりづらい部分はありましたが、それ以降は違和感なく聴けました。

 

 

遠藤憲一さんは映画やドラマなどで聞くいつもの声なので、おじいさんの声にしてはかなり若く聞こえる印象。

 

おじさん役ならともかく、おじいさんの役は少々酷ではないかと。

 

 

しかも声を張る役ではないからか、声が小さく聞きづらかった印象が。

 

好きな俳優ですが、声優としては微妙かも。

 

 

中でも最も違和感がなかったのが、バンクス役の渡辺えりさん。

 

特別目立つ役でないというのもありますが、意識することなく自然に聴けました。

 

 

「誰が声を演じているのか?」とすら意識せず、エンドロールを見て気づいたくらい自然でした。

 

 

最初こそぎこちなかった人も、後半は慣れたのか自然に聴けるケースは多いですね。

 

なんで、観る側が慣れなきゃいけないのか?という疑問も、当然ありますが。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加