BLEACHでゾンビ化したキャラのその後…最後どうなった?

BLEACHでゾンビ化したキャラのその後…最後どうなった?

 

BLEACHの最終章「千年血戦篇」では、ジゼル・ジュエルが登場。

 

 

彼の能力によって、大勢の隊士が彼の能力によってゾンビ化していました。

 

さらに、4人の死神や1人の星十字騎士団(シュテルンリッター)員も。

 

 

彼ら5人は、最後にどうなったのでしょうか?

 

中には、その後がはっきりと描かれていないキャラクターもいたのですが…

 

スポンサーリンク

【BLEACH】ゾンビ化したキャラのその後…最後どうなったのか

 

BLEACHの最終章「千年血戦篇」に出てきた星十字騎士団(シュテルンリッター)のメンバー、ジゼル・ジュエル。

 

一見強そうには見えない彼ですが、実に恐ろしい能力「死者(ザ・ゾンビ)」を持っています。

 

 

死者(ザ・ゾンビ)の能力とは、「死神が彼の血を浴びると、ゾンビ化してしまう」というもの。

 

 

ちなみに滅却師(クインシー)の場合、バンビエッタ・バスターバインのように死亡した後でなければゾンビ化しない模様。

 

 

主要人物の中でゾンビ化したのは、「日番谷冬獅郎」「松本乱菊」「六車拳西」「鳳橋楼十郎」「バンビエッタ・バスターバイン」の5人でした。

 

 

彼らはその後、もとに戻ることができたのでしょうか?

 

まさか、最後までゾンビのままなんてことは…

 

日番谷冬獅郎

 

涅マユリの前に現れた日番谷冬獅郎は、ゾンビ化していました。

 

蒼都を撃破後、倒れている最中に能力「死者(ザ・ゾンビ)」によってゾンビ化された模様。

 

 

斑目一角と綾瀬川弓親を戦闘不能にし、シャルロッテ・クールホーンも瀕死状態に陥らせます。

 

 

その後涅マユリを襲っている最中、クールホーンの返り血に含まれていた薬剤により戦闘不能に。

 

疋殺地蔵に貫かれた後に薬を打たれ、一時マユリのゾンビと化していた模様。

 

 

さらにネムが持ち込んでいた肉体保護瓶に入れられていたおかげで、ゾンビ化が解除されました。

 

隣の瓶には、松本乱菊も入れられていました。

 

 

その後、ジェラルド・ヴァルキリーとの戦闘に参加。

 

ユーハバッハの行った聖別によってジェラルドが死亡したため、決着はつきませんでした。

 

 

最終回では、松本乱菊と共にルキアの隊長就任式へ向かう姿が描かれています。

 

六車拳西

 

グレミィ・トゥミューの能力「夢想家(ザ・ヴィジョナリィ)」が想像した通り、六車拳西の死が現実化。

 

眠ったまま、死亡してしまいました。

 

 

その後ジゼル・ジュエルが、どうやって六車拳西やローズ(鳳橋楼十郎)の亡骸を見つけたのかはわかりませんが…

 

ふたりとも、ゾンビ化された状態で涅マユリの前に敵として登場しました。

 

 

しかし、マユリの手下となった破面(ドルドーニ・チルッチ・ルピ)たちに倒されます。

 

倒れた後に薬剤を打たれ、今度は涅マユリの手下として活動することに。

 

 

涅骸部隊としてマユリに操られた六車拳西とローズは、ペペ・ワキャブラーダと朽木白哉の戦いに乱入します。

 

ペペの愛の能力を喰らいますが全く通じず、拳の連打を浴びせて勝利。

 

 

さらに主人である涅マユリの命令に従い、ジゼル・ジュエルに一撃を食らわせて戦闘不能にさせます。

 

 

その後登場したのは最終回で、ゾンビ化も解除された様子。

 

檜佐木修兵と共にルキアの隊長就任式へ向かい、日番谷・松本と合流していました。

 

鳳橋楼十郎(ローズ)

 

常に六車拳西と共に行動していたので、身に起こった出来事は彼とほとんど同じです。

 

 

勇音の元で六車拳西と共に治療中、グレミィ・トゥミューが現れます。

 

彼が想像した通り、死亡してしまいました。

 

 

その後ジゼル・ジュエルの能力「死者(ザ・ゾンビ)」によりゾンビ化され、同じくゾンビ化された六車・松本と共に涅マユリの前に現れます。

 

 

マユリの手下となった破面(ドルドーニ・チルッチ・ルピ)と戦いますが、敗北。

 

倒れているところに薬剤を打たれ、次はマユリのゾンビと化します。

 

 

マユリの手下として、ペペ・ワキャブラーダと朽木白哉の戦いに乱入しますが…

 

六車が単体で倒したため、ローズ自身は手を出していません。

 

 

その後登場したのは、最終回。

 

三番隊の隊長として、ルキアの隊長就任式に参加していました。

 

 

肌の色がもとに戻っていたことから、ゾンビ化は解除されていると思われます。

 

松本乱菊

 

蒼都との戦いで瀕死になった後、バズビーとの戦いに敗れた日番谷冬獅郎の元に持ち込まれます。

 

日番谷は蒼都を倒しますが、ジゼル・ジュエルの能力「死者(ザ・ゾンビ)」によって松本と共にゾンビ化された模様。

 

 

日番谷が涅マユリに敗北した直後、六車・ローズと共に姿を現します。

 

その後戦闘に参加した様子はなく、次に登場したのは肉体保護瓶に入れられていたシーン。

 

 

ゾンビ化が解除された日番谷冬獅は目を覚まし、ジェラルド・ヴァルキリーとの戦闘に参加していましたが…

 

松本乱菊が目を覚ました様子がないまま、千年血戦篇が終了。

 

 

その後最終回に登場し、日番谷と共に行動しているシーンが。

 

 

バンビエッタ・バスターバイン

 

不死身となった狛村左陣と交戦。

 

一撃を喰らった際、自ら放った能力「爆撃(ジ・エクスプロード)」にも巻き込まれ瀕死状態に陥ります。

 

 

仲間に発見されてとどめを刺された後、能力「死者(ザ・ゾンビ)」によってゾンビにされてしまいます。

 

 

ジゼルの手下として斑目一角・綾瀬川弓親と戦い倒しますが、その後現れたシャルロッテ・クールホーンに敗北。

 

 

ローズに致命傷を奪われたジゼルによって血液を奪われ、抵抗。

 

揉めている際、後頭部を何度も瓦礫に打ち付けられて動かなくなってしまいました。

 

 

本編では出番がありませんでしたが、その後発売された小説版に登場しているとのこと。

 

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加