青鬼の正体を考察!(ネタバレ注意)

青鬼の正体を考察!(ネタバレ注意)

 

「青鬼」とは、もともと「RPGツクール」という素人でもRPGを作ることができるソフトを使って開発されたPCのフリーのホラーゲームでした。

 

 

青鬼という正体不明の存在から逃げながら、閉じ込められてしまった洋館内を探索するというシンプルな内容や…

 

青鬼自体の異様なビジュアルや存在感、謎に包まれている部分が注目を集めていました。

 

 

ニコニコ動画やYOUTUBEといった動画配信サイトにプレイ動画がアップロードされてから、主に若年層の中で話題になりました。

 

その後はメディアミックス化が一気に進み、小説や漫画が刊行。

 

 

小説は「青鬼」「青鬼 復讐編」「青鬼 異形編」「青鬼 怨霊編」の4冊。

 

漫画は「青鬼 元始編」「青鬼 元始編2」が出ています。

 

 

さらに実写映画化までされ、2014年に公開。

 

続いて2015年には「青鬼 ver2.0」というタイトルで第2作目まで公開されていました。

 

 

未だにわからないのが、この「青鬼」という正体です。

 

これまでの流れから「元は人間だった」という説が強いようなのですが…

 

 

どこでどのように生まれたのか?どこからやって来たのか?

 

この謎の存在は一体何なのか、プレイしたことのある方に考察してもらうことにしました。

 

スポンサーリンク

青鬼の正体は一体何?考察とその理由・一人目の意見

 

青鬼が一体何者なのかは未だ不明で、ゲーム内では正体を明かす明確な描写はありませんでした。

 

 

ただはっきりとしたな描写はなくても、ヒントらしきものはゲーム中にあります。

 

それらのヒントを照らし合わせると、その正体が元人間であることが考察できるのではないでしょうか。

 

 

その理由としては、襲われた仲間達が全員青鬼化しているからです。

 

 

仲間には美香・卓郎・たけしがいますが、いずれもその人物の顔に類似した青鬼が登場しています。

 

特に美香にいたっては喰われた後に、敵として登場します。

 

 

また卓郎も、あるルートでは終盤ひろし一人で洋館を探索している所に人間姿で仲間になりますが、とある場面で人間ではなくなります。

 

これは誰かが卓郎に化けていたのではなく、美香のように襲われた結果このようになったのだと考察できます。

 

 

また初代では、人がいないにも関わらず洋館内は綺麗だった為、人間時代の名残で掃除していたと見受けられます。

 

また襲う理由も、単に遊んでいる説や仲間を増やしている説があります。

 

 

更に最新作の2では、たけし達の先生が過去に何本もの手足がある青鬼化したと思われる友だちのために、餌として人間を友だちが住む学校に誘い込んでいる描写がありました。

 

 

このことから、先生は何かしらの事情を把握しているものだと思われます。

 

 

更に小説版もあり、ここでは正体がはっきりと人間であることが示されています。

 

 

小説版では生物学者の娘が病気の治療の為、遺伝子治療を受けます。

 

ただその治療は残念ながら失敗に終わり、その結果娘は青鬼化してしまったのが小説版での設定です。

 

 

ただしあくまでゲーム本編とは世界観が少し違うため、参考程度に考えておくと良いです。

 

 

そして抑えておきたいポイントが、初代のバージョンで遊ぶことが出来るサウスパーク編です。

 

 

ここでも青鬼が登場しますが、ここで出てくる個体はゲーム中と違いなんと僅か1体です。

 

初代の通常編では、地下室に姿や大きさが異なる何種類もの個体が存在しています。

 

 

更に、この個体は喋ることができます。

 

その個体から明かされた情報をまとめてみると、別世界の生き物であることが分かります。

 

 

そして元々は仲間が居たそうですが、恐らく人間に抹さつされたのか、この個体のみとなってしまいます。

 

 

ちなみこの個体は人間を襲いますが、襲われた人間はしんだままです。

 

なので、上記の仮説は合わなくなります。

 

 

ただあくまでサウスパーク編は、通常編と違うキャラクターのデザイン性などを見て世界観が別の用に見受けられるので、あまり参考にはしないほうがいいかもしれません。

 

青鬼の正体は一体何?考察とその理由・二人目の意見

 

青鬼の正体は何なのでしょうか?

 

これまでに世に出てきた作品の内容から考察してみることにしました。

 

 

本編のネタバレにも触れていますので、まだゲームなどを未プレイの方はご注意ください。

 

 

「青鬼」はPCゲームとして人気を博し、小説などにもなりました。

 

ネット上でも青鬼の正体について様々な推測が流れていますが、未だにその真相は明らかにされていません。

 

 

現在ネット上で青鬼の正体として語られている内容とその理由については、次のようなものがあります。

 

 

館に侵入した人間を食べることから「怪物」の様に扱われている青鬼なのですが、館をキレイに保存していることや写真を大切に持っていることから「元は人間だったのではないか?」という説です。

 

 

確かに、写真を認識しているのは人間である大きな理由になります。

 

 

小説ではこちらの説が採用され、「過去にこの館に住んでいた生物学者が、娘の病気を治すために遺伝子治療を施したが失敗してしまった結果として青鬼が生まれた」というものになっています。

 

 

また、他には「青鬼に食べられた人間が鬼化する」といった内容がゲーム上において出てきます。

 

 

根本的な出現要因は分からないのですが…

 

例えば有名テレビゲーム「バイオハザード」と同じような理由で、「ゾンビに噛まれた人間が次々と感染していく」でのは?という考え方も出来ます。

 

 

しかし、青鬼はサウスパーク編で言葉を話します。

 

 

「君たちは何だ、なぜ現地の生物なんだ、誰に頼まれた」と言った内容ですが、これは青鬼と人間は別の世界に生きるものであるという意味合いが見え隠れしています。

 

 

「誰に頼まれた」という表現に関しては…

 

 

自身が誰かに頼まれて地球に降り立ったか、もしくは隠れ住んでいる自分に対して駆逐を目的とする何者かが背後に存在しているといった可能性を示唆しています。

 

 

サウスパーク編では、最終的に警官が「青鬼だ!」と叫び銃で倒してしまうのですが…

 

ここで対象を一個体として認識していることから、世界的に何らかの形で認識され続けてきた生物であるということが伺い知れます。

 

 

となると、いわば魔女やヴァンパイアなどと同じような境遇にある生物である可能性が浮上します。

 

以前は複数個体が生息していたものの、 などのような形で数を減らしていったのではないか?という見方も出来るのではないでしょうか?

 

 

いかがだったでしょうか?

 

青鬼の正体に関する仮説やその理由に関する記事でした。

 

 

最初に述べましたように、これはあくまでもひとつの説に過ぎません。

 

他にも、様々な意見があって良いと思われます。

 

 

ですので、あくまでも考察を楽しむ範囲で受け取っていただければ幸いです。

 

青鬼・最後のおじさんが意味不明?ラストの謎の男の正体とは

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加