ナルティメットストーム4の強キャラ一覧

ナルティメットストーム4の強キャラ一覧

 

「ナルティメットストーム4」は漫画「NATUTO」に出てくるキャラを扱って戦う、いわゆる格闘ゲームです。

 

格闘ゲームにはさまざまな特徴を持ったキャラがいますが、ナルティメットストーム4においても同じです。

 

 

キャラによって特徴は違いますが、やはりその中でも「強キャラ」と呼ばれる使い勝手のいいキャラが存在します。

 

 

ナルティメットシリーズにおける強キャラは、「コンボから奥義への隙が少ないキャラ」がより強いキャラとなります。

 

「ナルティメットストーム4」においても、それは変わりません。

 

 

この記事では、そんな強キャラを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

「ナルティメットストーム4」の強キャラ一覧

 

うちはイタチ

 

まず1人目は、「うちはイタチ」です。

 

 

コンボが優秀なので、豪火球へと繋いでいくことができます。

 

もし避けられたとしてもコンボキャンセルで追い討ち発動すれば、かなりダメージを加えることができます。

 

 

奥義「十拳剣」は近距離の炎が最初に発動するため、相手キャラの仰け反り後に決まりやすい印象があります。

 

 

技や奥義の隙が少なく、ナルティメットストームシリーズや格闘ゲームに慣れていない人にもおすすめできるキャラです。

 

二代目火影 千住扉間

 

次は「二代目火影 千住扉間」です。

 

 

奥義「水遁・水流咬爆」は下からの攻撃で発動時の隙が少なく動作も速いため、奥義を発動した時に出てしまう特有の隙を相手に与えることなく攻撃することが可能です。

 

追い討ちする場合も使い勝手がよく、打ち下ろしコンボから接近して発動させることもできます。

 

はたけカカシ(両眼写輪眼)

 

3人目は「はたけカカシ(両眼写輪眼)」です。

 

 

ナルティメットシリーズ共通の強キャラとして君臨していましたが、今作でもそれは変わりません。

 

技を出した後の隙の少なさは、むしろ今作が1番なのではないでしょうか?

 

 

コンボから繋げられる奥義「神威」は、今作でも使えます。

 

うちはサスケ(THE LAST)

 

通常攻撃のコンボに隙が少ないのは、兄ゆずり。

 

イタチと同じ感覚で使っても違和感ないでしょう。

 

 

避けられてしまった場合でもコンボキャンセルから発動する奥義がかわされにくく、当たる確率が高めです。

 

 

サスケも兄のイタチ同様、コンボに隙が少ないという点で初心者にも使いやすいキャラとして挙げられます。

 

 

ナルティメットストームはシリーズとして強キャラのメンツはほとんど変わりませんが、

 

新キャラ登場や既存のキャラでも強化されたキャラもいるので、さまざまな強キャラを使いこなしましょう。

 

 

新キャラ「うちはマダラ(六道)」も強キャラのひとりとして挙げがちです。

 

奥義の強さや覚醒時の強さがその理由として挙げられるので、原作の強さとも相まって強キャラのイメージを抱きがちですが…

 

肝心の奥義が当てづらいという点がマイナスで、実際にはイラつく場面が出てくるでしょう。

 

 

新キャラ「大筒木カグヤ」は地形と忍術を変えられることから、強キャラ扱いされることもあるようです。

 

ただ、相手が慣れている中級者以上だった場合にはいまいち通用しないのが難点です。

 

 

このシリーズ全般に共通していることなのですが…

 

ナルティメットストーム4においても、技の威力が高いキャラよりも技の隙が少ないキャラが強い傾向にあります。

 

 

1発の攻撃力が強くても、たとえ覚醒中でも、奥義を発動しても、結局当たらなければ意味がないですし…

 

 

隙が少なく技やコンボを出したあとにすぐ防御に移りやすいキャラほど、相手に割り込まれにくく反撃を受けづらいです。

 

その結果、勝ちにつながる確率が高まります。

 

 

そういった意味では、イタチとカカシがシリーズを通して強キャラとして固定されている印象があります。

 

ナルティメットストーム4・キャラの出し方(解放条件)

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加