ハリーポッターで最強の魔法使いは?キャラの強さを評価!

ハリーポッターで最強の魔法使いは?キャラの強さを評価!

 

人気小説で実写映画化された「ハリーポッター(ハリポタ)」シリーズ。

 

作中には、強い呪文を使いこなす魔法使いが登場します。

 

 

この中で、最強のキャラって一体誰なのでしょうか?

 

やはり、物語の中心人物であるヴォルデモートやダンブルドアの名前が思い浮かびますが…

 

 

作品に触れたことのある方から、それぞれが思う人物の名前を聞く事ができました。

 

スポンサーリンク

ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)で最強の魔法使いは誰なのか評価!

 

ハリーポッターシリーズで最も強いと思うキャラ・一人目の意見

 

ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)の中でも最強に分類される魔法使いといえば、よいのか悪いのか「ヴォルデモート卿」ではないでしょうか。

 

 

ダークサイド色も非常に濃く表現されているこの作品の中で、いわゆる正義サイドでいえば「ダンブルドア」などが挙げられるのですが。

 

ヴォルデモートが最強にされる理由は、精神的なところにあります。

 

 

ハリーポッターシリーズを介して一貫しているテーマは、生と死についてです。

 

 

ハリーが有名になったのは、「生き残ったから」。

 

ヴォルデモートが恐れられているのは「会ったが最後、生きて戻れない」ため。

 

 

最後まで通したヴォルデモートの目標は、死から生への転換です。

 

 

そうしたテーマの中で、例えばダンブルドアなどの味方側の最強人は分霊箱を利用した生存方法や、賢者の石を利用した永遠の命の獲得。

 

 

生者に憑依し服従させる(一作目でクィレル教授にしていました)など…

 

一連の悪の所業はすべてやってのけてまで、生に突出しています。

 

 

さらには、秘密の部屋の回では過去の自分の記憶を日記に残しておくなど、いざという時を想定した狡猾さまで披露しています。

 

 

そうです。

 

ヴォルデモートの最強の理由は、そうした常人では踏み入れることのない領域にまで、自分の魂を惜しまず足を踏み入れるところにあるのです。

 

その狡猾さと恐ろしさが、あの作品の中の人々を恐怖で震え上がらせた理由なのです。

 

 

魔法使いの中でも禁忌とされてきた魔法や物質を求めてまで、手に入れたかったものはなんなのでしょう。

 

いずれにせよ、かつて賢者の石の回でもオリバンダーが言っていましたが、別のベクトルでも彼は「偉大」なのです。

 

 

二人目の意見

 

ハリーポッター(ハリポタ)には数多くの魔法使いが出て来ますが、その中でも最強の魔法使いと称されることが多い人物の一人が「アルバス・ダンブルドア」です。

 

 

彼はホグワーツの校長として、多くの人から信頼されています。

 

それだけには留まらす、この物語の最重要人物ともいえるヴォルデモートが最も恐れた魔法使いで、魔法界において最も偉大な魔法使いです。

 

 

ヴォルデモートは、主人公と比べても遥かに強い力を持っている物語の黒幕です。

 

ですが、彼の力を持ってしても簡単に勝つ事が出来ない相手である所からも分かるように、非常に強い魔力を持っている人物です。

 

 

さらにダンブルドアは、ニワトコの杖の正当な継承者でした。

 

彼の死後も、杖が墓の中に移動しています。

 

 

この杖は作中で最も強い力を持っている杖と言い伝えられており、彼自身の強い魔力との相乗効果により、より一層他の追随を許さない存在になる事が出来たと言えます。

 

 

また、一時的ではありますが死の秘宝を全て揃える事も出来ました。

 

 

単純な強さだけで言えば、宿敵と称されるヴォルデモートも非常に強い魔力を持っている存在です。

 

 

しかし彼は、作中で一度もニワトコの杖の所有権を得てはいなかったのです。

 

本来使う資格のない杖でハリーとの最終決戦に挑んだ結果、呪文を跳ね返されて敗北しています。

 

 

墓の中から奪っただけでは所有権は移らず、実際は「ダンブルドア→マルフォイ→ハリーポッター」と所有者が変わっています。

 

 

さらに彼はただ単に魔力があるだけでなく、鋭い洞察力や観察眼も持っています。

 

だからこそ、トムリドルが将来的にヴォルデモートに変貌する事も予想できたと言えます。

 

 

したがって、魔力だけでなく最強の杖や鋭い洞察力等も併せ持っている所から考えても、ダンブルドアが最強の魔法使いだと言えます。

 

 

三人目の意見

 

魔法世界を舞台にしているハリーポッター(ハリポタ)には、たくさんの魔法使いが登場します。

 

その中で最強という言葉に相応しい男女、各1名ずつをご紹介します。

 

 

男性魔法使いで最強なのは、「アルバス・ダンブルドア」です。

 

ハリーポッターの1作目である賢者の石から登場し、ホグワーツ魔法学校の校長を務めているダンブルドアの存在感は、とても大きいです。

 

 

彼がいつも肌身離さず持っているニワトコの杖は、魔力を蓄積することが出来るのです。

 

4作目のホグワーツ学校崩壊危機では、蓄えていた魔力を解放して魔法陣を作り、大爆発から学校を守り抜きました。

 

 

スネイプいわく、「通常の魔法使い10000人分の魔力で出来た魔法陣だ」という言葉からもわかるように、最強の強さを誇っています。

 

 

魔法使いとして強いだけでなく、退学処分になったハグリッドを森の門番として採用するなど、心優しい一面もある人物です。

 

 

女性魔法使いで最強なのは「リリー・ポッター」で、主人公ハリーの母親です。

 

ハリーポッターが魔法使いとして優秀な能力を持っているのは、彼女の遺伝が大きいと言えます。

 

 

過去にダンブルドアの教えを受け、ヴォルデモートからは過去に死喰い人としてリリーに目をつけていました。

 

その際の戦いで、ヴォルデモートが放った死の呪文を跳ね返していることからも、強い魔力を持っていたことがわかります。

 

 

命を犠牲にして反撃をした時の呪文の効果は長い間消えることはなく、ヴィルデモートから生身の肉体を奪い去って呪い続けていました。

 

ハリーポッターシリーズ最強の呪文とは?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加