蒸し器として代用できる物・使い方を紹介!

蒸し器として代用できる物・使い方を紹介!

含まれている栄養素を保ちながら調理できるということで、蒸し野菜の調理をする機会が増えた方もいるのではないでしょうか?

 

他にも様々な蒸し料理をする場合、専用の蒸し器を使うのが普通です。

 

 

ただ、できるなら手持ちの調理器具や道具で代用できたりはしないのでしょうか?

 

そうすれば、場所も取らないしお金の節約にもなりそうです。

 

 

といったわけで、この記事では…

 

蒸し器として代用することが可能な物や、その使い方をご紹介しています。

スポンサーリンク

蒸し器として代用できる物ってあるの?使い方もご紹介!

 

蒸し器は野菜や料理を蒸す際に非常に便利な調理器具であり、専用の器具になっているので蒸し料理には最適です。

 

 

そんな蒸し器がなかったときに代用する事が出来る調理器具としては、まず鍋があります。

 

鍋の場合はある程度深さがあるので、代用しやすくなっております。

 

 

使い方としては、鍋の底面に高さのある陶器(茶碗やココット皿など)をひっくり返して置き、陶器より低い水位でお湯を張ります。

 

陶器の上に底の浅い平らな皿やバットを置き、蒸したい食材を並べたら布巾で包んだ蓋をした状態で火をかけて沸騰させるだけです。

 

 

こうする事によって上記で蒸し器と同じ状態を作り出すことができますし、陶器の上にあるので陶器を通じて熱が伝導しやすく食材自体にも熱が通りやすくなります。

 

 

これは鍋以外にも深さのあるフライパンでも応用する事ができますし、どの家庭にもある調理器具なので使いやすい代用品です。

 

 

また蒸し野菜など食材が重なっても大丈夫な代用品としてはザルがあり、こちらの場合はザル以外にも鍋も一緒に使います。

 

 

使い方としては鍋とザルを重ねてお湯を2センチから3センチほど張り、布巾で包んだ蓋をした状態で水を沸騰させて蒸します。

 

この時ザルは鍋よりも少し大きいものを使う方が望ましいとされているのですが、小さいサイズのものでもザルをひっくり返して鍋の中に設置してその上にもうひとつザルを設置すれば代用する事ができます。

 

 

ほかにも網は水を張った鍋の上に設置して食材を乗せた上にアルミホイルを被せれば簡単に蒸し器の代わりになりますし、耐熱用のボウルなどがあれば電子レンジと組み合わせる事によって代用する事ができます。

 

 

電子レンジの場合は食材を湿らせた状態でボウルの中に入れ、あとはラップをかけて電子レンジで温めるだけと言う簡単な方法になります。

 

電子レンジは火を使わず時間短縮の方法としても活用する事ができるので、火を使いたくないと言う人におすすめの方法です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック