すき家のメニュー・おすすめはこれ!

すき家のメニュー・おすすめはこれ!

すき家のメニュー・おすすめはこれ!

すき家は、有名牛丼チェーン店の一つです。

 

どの品も非常に低価格で、お求めやすい値段となっています。

 

 

すき家で頻繁に食事をしている常連の方に、おすすめのメニューは何かを聞いてみることにしました。

 

 

すき家のおすすめメニューはこちら!

 

 

いつもすき家をよく利用している方に、おすすめするメニューを聞きました。

 

どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

すき家常連に聞いた!おすすめメニュー

 

私が個人的に気に入っている、すき家のおすすめメニューを紹介していきます。

 

 

まずはひとつ目、牛丼のメニューから。

 

すき家の牛丼と言えば、「ねぎ玉牛丼」です。

 

 

丼の器に敷き詰められたねぎの真ん中に乗っている卵の黄身が、牛丼をさらにおいしくしてくれます。

 

ねぎの上に円状にかかっているコチュジャンのたれも、いい感じのアクセントとなっています。

 

 

しかも一つの丼で、なんと5種類の味を楽しむことができるんです。

 

 

これから紹介する食べ方は私自身が実践している独自の食べ方なのですが…

 

もしよければ、試してみてください。

 

・まずはねぎと卵の黄身をどけて、普通の牛丼として味わいます。

 

・その次に、ねぎと牛丼でねぎ牛丼として味わいます。

 

・そして黄身を割り、黄身とご飯だけでたべます。

 

・次は牛肉をプラスしてねぎ無しで食べます。

 

・最後に、黄身とねぎと牛丼全部をかけ合わせて食べます。

 

やや強引かも知れませんが…

 

このように、一回で5つの味を味わうことができるのです。

 

 

もちろんこれはひとつの楽しみ方ですので…

 

普通に初めから、ねぎ玉牛丼として食べても全然構いません。

 

 

定食では、期間限定ではあるのですが「鶏つくね鍋定食」がおすすめです。

 

 

冬といったら鍋ですよね。

 

これを牛丼屋で、すき家に行くだけで味わうことができるというのが驚きですよね。

 

 

値段も、ごはん並盛で580円とかなりお得です。

 

 

しょうがが隠し味として入っていて、しょうがが好きな人には特におすすめです。

 

ほのかにしょうがの味がします。

 

 

さらに特徴としては、野菜が豊富なところです。

 

したがって、健康を気にしている人にも食べやすい一品ではないのかなと思います。

 

 

もうひとつ、期間限定の鍋には「牛すき鍋定食」もあるのですが…

 

鍋の中には他の具が入っている反面牛肉の量が少なめなので、牛肉目的で注文すると満足できないかも知れません。

 

 

期間限定以外の定食でおすすめなのは、オーソドックスですがやっぱり「牛皿定食」ですね。

 

卵やお新香つき、ごはん並盛で530円とお手頃な価格です。

 

 

牛肉をごはんにオンして牛丼として食べるもよし。

 

牛肉を食べてからご飯をかっこむもよしです。

 

 

すき家の定食にはみそ汁が含まれていますが、私は必ずとん汁に変更してもらいます。

 

料金は110円プラスになってしまうのですが、具や野菜を多めに食べたいので頼んでいます。

 

 

以上、私がおすすめするすき家のメニューをご紹介しました。

 

 

どうでしたか?

 

普段すき家を利用している常連の方なので、変わったメニューを食べているのかと思っていたのですが…

 

意外とポピュラーなメニューだったことに驚きました。

 

やっぱり、最後には基本のメニューに立ち返るということなのでしょうか。

 

 

ねぎ玉牛丼や牛皿定食など、この記事で紹介したのはほとんどが基本メニューでした。

 

なので、みなさんも一度は口にしたとは思うのですが…

 

 

あらためて基本メニューの良さを再確認していただけたのではないでしょうか?

 

とりあえず、期間限定メニューは残らず試してみることをおすすめしますよ。

 

吉野家のおすすめメニューはこちら

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ