松屋の注文方法と支払い方法・食券の買い方がわかりにくい場合は

松屋の注文方法と支払い方法・食券の買い方がわかりにくい場合は

 

吉野家と並んで日本で認知されている牛丼チェーン店の「松屋」は、牛めしを頼むと必ず味噌汁がついてくることでも有名です。

 

 

さらに注文方法も同業他社とは違っていて、券売機で食券を購入することになります。

 

ただ、慣れていない方は少々戸惑うかもしれません。

 

 

松屋で代金を支払う場合、現金のほかにはどんな支払い方法があるのでしょうか?

 

電子マネーが使えれば、便利なのですが…

 

 

特に食券の買い方がわかりにくい場合は、この記事を参考にどうぞ。

スポンサーリンク

松屋での注文方法!食券の買い方がわかりにくい場合は?

 

牛めしの全国チェーン店「松屋」で食事をする時の、注文方法について説明します。

 

 

食券の券売機が店舗に用意されていますので、入店した後はまずそちらへ向かいます。

 

券売機は、タッチパネル式になっているケースが多いです。

 

 

タッチパネル式の場合、まず店内での食事かテイクアウトかを選択することになります。

 

その選択を行ったら、次に食べたい食事のジャンルを選びます。

 

 

牛めし・定食・サイドメニューといったジャンルが、豊富に用意されています。

 

まずそれらのジャンルを選択し、その後詳細なメニューを選んでいきます。

 

 

牛めしや定食のサイズに関しても、この段階で選択することができます。

 

 

「牛めしとたまご」といった具合に、複数の商品を注文したい場合には…

 

先にどちらかのメニューを選択した後に、残りのメニューを選ぶことになります。

 

 

ネットショッピングで買い物かごに商品を入れる要領で、選択したメニューが画面の端に表示されていく形式となっています。

 

 

次に、食べたい商品を食券の券売機で選んだ後の、料金の支払い方法について説明します。

 

 

タッチパネル式の券売機にて選択したメニューの一覧を確認し、間違いがなければ確認画面に進みます。

 

その後にお金を券売機に入れれば、食券が出てきます。

 

 

食券を手に入れたら、空いている座席へ向かい座ります。

 

お店によっては、店員さんに案内をされる場合もあります。

 

 

席に着くとお冷かお茶を用意してくれるので、その際に購入した食券を店員さんに渡します。

 

ここで注文に間違いがないかを店員さんに確認されますので、問題がなければそのまま作ってもらうようにお願いします。

 

 

このとき、細かいオーダーについても店員さんにお願いすることが可能です。

 

例えば、「牛めしのつゆだく」や「つゆなし」といったオーダーは、この段階で店員さんにお願いすれば受けてもらえます。

 

 

以上が、松屋の注文方法に関する一連の流れです。

 

 

吉野家など他店とは異なり、注文に関しては食券を購入する方式であることが大きな特徴です。

 

松屋に入ったら、まずは食券の券売機をさがしてみてください。

 

 

松屋の支払い方法で電子マネーは使える?

 

 

松屋における支払い方法のひとつとして、「Suica」などの交通系電子マネーを利用できる店舗がほとんどです。(一部店舗のぞく)

 

 

主に東京周辺で販売されているSuicaだけでなく、各地域で独自の名称になっている交通系電子マネーも使えます。

 

 

Suicaなど交通系電子マネーで支払いする場合は、金額を確認して指定された場所に電子マネーのカードをかざします。

 

会計が終了し、食券が出てきます。

 

 

しかし、松屋で使える電子マネーは今のところこれだけです。

 

普段通勤などで電車などを利用している人以外は、持っていないかもしれません。

 

 

利用できる電子マネーが今後増えれば、この記事にも情報を追加する予定です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック