インスタグラムとは?利用する際の注意点

インスタグラムとは?利用する際の注意点

インスタグラムとは、とても美しい写真を、カメラや携帯、スマートフォンなどで撮影し、それをインターネットにアップするものです。
また、このインスタグラムを利用するためには、ネット上で使う名前などが必要となってきます。

 

もちろん、これらの写真をアップする際には、その名前は匿名性のものであり、構いません。
このインスタグラム、略してよぶ方の名前としては「インスタ」の場合には、とても可愛く、美しい写真などがどんどんとインターネットのそちらのサイトなどに登録されていき、お気に入りなどをすることが出来ます。

 

ただ、使い方として怖い点などもあり、例えば注意点としては、「著作権」や「肖像権」の問題です。

 

まず、よく注意点として挙げられているものが、例えば人気アイドルなどの写真、プライベート写真などをインスタとしてあげてしまい、問題になる行為です。
または、この他にも、このようなインスタを禁止している商品、またはキャラクターなどに関しての、著作権などを守らずに、あげてしまい、大問題となることもあります。

 

また、芸能人の場合には、元が美しい人が多いので、インスタでも綺麗な映像が作れるのですが、当然ですが、これは芸能事務所とも、その芸能人との間でも、肖像権の侵害にあたるものであり、特にそのアイドルのグッズを展開して、公式に販売をされている事務所などの場合には、その写真、そのものが肖像権やその他の権利の侵害になってくるため、当然、法律では罰せられることになります。

 

また、このようなインスタグラムの場合には、公式が許可をしていないにも関わらず、自分の作品である、ということ、また、そのキャラクターが身に着けているアイテムなどを、公式がアップを禁止していることにも関わらず、アップしてしまっている場合には、当然、訴えられるべきものになります。

 

 

例えば、ディズニーなどの美しい写真など、アイテムなどは人気が高いものですが、こちらに関して、商品などを、むしろ推奨するために、例として、インスタを使うことを会社さん側が許可し、勧めている場合には、何の問題もありませんし、むしろ売上などに貢献をしていく形にすることも可能となっていますが、そのような許可を得ず、勝手に他の方が作ったものを「自分の権利」と主張してしまうような写真や上記のような「肖像権」に関わるものとして、赤の他人の人の写真をアップすることは、犯罪となってしまいますので、注意するべき点となります。

インスタグラムは今や若い人ならほとんどの人がやっているSNSです。フェイスブックやツイッターは年齢層が上の人も多く、また広告収入目的の投稿もわりと多いです。また、企業の投稿も多いという特徴もあります。インスタグラムも最近は商用目的に使われている部分もあるのですが、モデルの投稿などが多いです。モデルの投稿というのは普段何気なく見ているかもしれませんが、人によっては一回の投稿で100万円儲かるといった例もあります。モデルが着用している衣類が売れたり、そのモデルのページに広告を貼ったりネットのページに誘導することによって普通に働くのとは比較にならないほど儲かっています。インスタグラムはモデルが一回投稿することによって一般の会社員などの月収の何倍にもなるようなツールなので、その経済効果は物凄いです。雑誌を読む必要ももはやないという人も多く、SNSを見ている方が最新の情報が入手できて良いでしょう。むしろ雑誌を読んでいたらダサイくらいの風潮もあります。
そして、インスタグラムにはいくつかの機能があり、ストーリー機能や足跡機能があります。ストーリー機能というのは自分の投稿をつなげる手法です。たとえば、広告収入が欲しいときに一回の投稿にアクセスを集めたら自分の他のページにも誘導した方が得です。ファッションアイテムを売りたいのであれば、あるページで宣伝した後に、そのモデルが気に入ったら他のページも見たいというようになります。そのときにストーリー機能で他のページにも誘導することによって複数のページから広告収入を得ることが可能というようになります。また足跡機能は他のSNSでもあるように、そのページを訪れた人がわかる機能です。この機能で多く足跡がついている人に対して広告のリンクを送るといった手法で儲けている場合もあります。
芸能人のページなどをよく見るとわかりますが、収益化のうまい方法が散りばめられています。知名度があり、影響力もあるので、そこからうまく収益につなげるというのが非常にやりやすくなっています。ブログなどでも同じですが、なんとなく書かれたようなページでも多くのファンがサイトに訪れます。そのためそこから物凄い広告収入が発生するのです。現代社会ではネットのページやSNSで儲けるということがやりやすく、また非常に有効な方法です。芸能人はテレビがメインと思われがちですが、ネットの広告の方が儲かっていたりします。

注目トピック