ドラクエ11の最強パーティ編成は?終盤〜クリア後におすすめの仲間キャラ

ドラクエ11の最強パーティ編成は?終盤〜クリア後におすすめの仲間キャラ

 

ドラクエ11のストーリー終盤からクリア後では、どんな仲間キャラで戦うのが理想なのでしょうか?

 

あえてメンバーを入れ替えない4人に限定すると仮定すると、最強なのはどういった編成なのでしょう?

 

 

おすすめのメンバーを、ドラクエ11をプレイしたことのある人に聞いてみました。

スポンサーリンク


ドラクエ11の最強パーティ編成は?

 

ドラクエ11・終盤〜クリア後のおすすめ仲間キャラ・一人目の意見

 

ドラクエ11最強と考えられるパーティは、終盤からクリア後なら「勇者・グレイグ・カミュ・セーニャ」の4人です。

 

このメンバーであれば、強敵であっても安定して対応することが出来る防御力と、攻撃力を兼ね備えたバランスの良いパーティを構成することが出来ます。

 

 

ドラクエ11においても、ラスボス討伐後にもより強い裏ボスなどの存在がありますが…

 

それらと戦う際のパーティ構成としても、非常に優れています。

 

 

防御面でこの構成が優れているのは、グレイグの「におうだち」があるからです。

 

この特技を発動することにより、敵の攻撃を彼が一身に背負ってくれますので、戦闘ダメージによるリスクを最小にすることが出来ます。

 

 

守りの要としてグレイグに代わるキャラクターはいません。

 

 

この特技を覚えていない場合には、彼の防御力を有効活用することが難しくなりますので、スキルパネルでの習得は絶対条件になると言えます。

 

これがあるのと無いのとでは、全く性能が異なってくると言えるでしょう。

 

 

攻撃面では、カミュが最強だと思います。

 

特技「ぶんしん」をスキルパネルで習得するなど条件が限定されるものの、これを覚えればアタッカーとして非常に優秀な性能になります。

 

 

回復面ではセーニャが対応することが出来ますので、特に問題にはありません。

 

ですが勇者がいれば、万が一の事故のサポートをこなすことが出来るので安心できます。

 

 

そのため、勇者の立ち位置は通常時は攻撃に対応します。

 

ピンチの際には回復役にまわるなど、バランスよく立ち回る形が最適であると考えています。

 

ドラクエ11・終盤〜クリア後のおすすめ仲間キャラ・二人目の意見

 

ドラクエ11で最強のパーティといえば、「勇者・カミュ・セーニャ・ベロニカ」の4人を挙げたいです。

 

 

主人公の勇者に対しては器用貧乏といった評価も見かけますが、攻撃・回復のどちらも優れています。

 

 

ストーリーの中で必ず覚える「覇王斬」は、敵全体にかなりのダメージを与えることができます。

 

スキルパネルで「ギガブレイク」を覚えれば、さらに高いダメージが狙えます。

 

 

攻撃重視な人は両手持ちにして、「全身全霊斬り」を覚えれば単体の敵に大ダメージを与えられます。

 

 

「ベホマ」「ザオリク」「ベホマズン」と高いクラスの回復・蘇生呪文も覚えるので、長期戦になりがちなボス戦には欠かせません。

 

 

ドラクエ11の「ラリホーマ」は、敵全体に効果があります。

 

今作でも、特に脳筋タイプの敵に効果大です。

 

 

ボスの中にも効く者がいるため、相手によっては他の行動よりも重視してもいいほど。

 

 

「カミュ」は、序盤から中盤まではあまり活躍できるとは言えないキャラでした。

 

しかし、終盤〜クリア後あたりでスキルパネルがあらかた開放されてゆくと、真価を発揮します。

 

 

「二刀の極意」を覚えてから、両手に剣を装備。

 

戦闘中では、1ターン目に「分身」。

 

2ターン目に「心眼一閃」で攻撃すると、4桁のダメージを軽々と出してくれるのです。

 

 

ベロニカの「バイキルト」で攻撃力を倍化しておけば、さらにとてつもないダメージになります。

 

 

敵が複数いる場合は、2ターン目を「デュアルブレイカー」にすると4桁ダメージの全体攻撃を繰り出すことが可能。

 

まさに、ドラクエ11最強の壊れキャラと言えるでしょう。

 

 

ある意味ゲームをつまらなくしてしまう可能性を秘めた、危険なキャラでもあります。

 

使う場面を限定する(ターン数が限定されている無明の魔神や、ドゥルダの最終試練など)ほうが、ゲームを楽しめると思います。

 

 

セーニャは言うまでもなく回復呪文に長けていますので、あまり説明もいらないでしょうか。

 

今作は特に補助呪文は必須で、防御力アップの「スクルト」や敵に幻を見せる「マヌーサ」

 

 

ベロニカは逆に、攻撃魔法に長けており、全体攻撃でザコを一掃するのに役立ちます。

 

今作ではザコ敵を伴って登場するボスが多いため、彼女が役立つ場面は多いです。

 

 

「やまびこの心得」や「魔力かくせい」を覚えてからの全体攻撃呪文「イオグランデ」がうまく発動すれば、爽快です。

 

 

攻撃面だけでなく、補助呪文も充実しています。

 

ボス戦開始時には「マジックバリア」や「バイキルト」で仲間を強化したり、「ルカニ・ルカナン」や「ヘナトス」でボス敵を弱体化させるのもおすすめです。

 

 

セーニャ・ベロニカ姉妹が同時にゾーン状態に入っていれば、MPを全て使う強力な連携技「クロスマダンテ」が使えます。

 

ドラクエ11・終盤〜クリア後のおすすめ仲間キャラ・三人目の意見

 

ドラクエ11のクリア後にプレイした時の編成パーティは、やっぱり「主人公・カミュ・マルティナ・グレイグ」で決まりでしょう。

 

 

クリア後のレベル上げ作業において、レベル99までの道のりをスムーズに進めさせてくれるキャラが有効です。

 

今作は獲得経験値が比較的高めなので、是非カンストを目指しましょう。

 

 

「主人公・カミュ・マルティナ」がゾーン状態に入れば、「スーパールーレット」が使えます。

 

獲得経験値とゴールドが2.3倍になりますので、メタルキング・強と遭った時には狙いたいです。

 

 

メタル系モンスターを軽々と倒すのに貢献してくれる逸材が、カミュです。

 

 

特技「会心必中」は、確実に会心の一撃が発動するのです。

 

その為、メタル系のモンスターが登場した時は、カミュの攻撃で一撃で仕留める事が出来ます。

 

 

必中ではないですが、グレイグの「魔人斬り」やマルティナの「雷光一閃突き」を使えば会心の一撃が出やすいです。

 

 

このメタルキング・強を討伐すれば、獲得経験値が16万を越えます。

 

ですので、一刻も早くレベル99に到達したい時は、メタルキングと戦いまくればスムーズだし、この2キャラが居れば安心です。

 

 

ふたりは「天下無双」や「爆裂脚」といった火力の高い連続攻撃が出来る特技を持っていますので、通常の戦闘でも大いに活躍できます。

 

 

レベルアップ目的に特化するなら、グレイグの代わりにシルビアを入れて、「レディーファースト」を使いマルティナに行動を譲るのも手です。

 

 

シルビアはキャラの中でも中堅位置的な存在ですが、なんといっても「ハッスルダンス」で味方全員を回復させてくれるのです。

 

回復兼攻撃担当、というところでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加