アルマゲドンの意味とは

アルマゲドンの意味とは

 

テレビでもよく再放送される洋楽であり、代表的な作品として絶大な知名度を持つのが「アルマゲドン」であり、映画のタイトルだけではなくテーマソングなども非常に有名であることから映画を知らなくても曲を知っているという人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

そんな知名度を誇っているアルマゲドンですが、その映画タイトルの意味は何なのでしょうか。

 

 

よく「ハルマゲドン」と混同されがちですが、アルマゲドンは元々地名として用いられていたとされており、ヘブライ語で「メギドの丘」という北イスラエルの方の地名だったとされています。

 

 

そこは戦争時は重要拠点として利用されていたという経緯を持っており、古くから戦争の際の決戦の地となっていたようです。

 

 

このような経緯からメギドの丘が決戦の地であるといわれるようになり、そこからアルマゲドンは「最終戦争」という意味を持つ言葉として利用されるようになったということのようです。

 

 

そのようなことからアルマゲドンの意味は「世界の終わり、破滅・世界の最後の日の善悪決戦場・世界最終戦争・戦争を終わらせるための最後の戦争」などで用いられるようになり、映画の場合は小惑星が地球へ衝突するという地球滅亡の危機を描いているということから「終末」を意味しているとされています。

 

 

なので、映画のタイトルそのものが映画の中身を説明しているものとなっており、非常に分かりやすいタイトルだったのだとその意味を知ることで理解することができます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加