ジョジョ6部・ストーンオーシャンの死亡キャラと死因一覧。生き残りは誰?

ジョジョ6部・ストーンオーシャンの死亡キャラと死因一覧。生き残りは誰?

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」に登場する人物の数は、主人公を含めて全25人。

 

 

意外と少ない印象があります。

 

一人の敵との戦いに、多くの話数を割いているからだとは思いますが…

 

 

この記事には、6部に関する以下の情報を載せました。

 

・生き残りキャラ一覧

 

・死んだキャラと死因一覧

 

・6部に登場していたキャラの死亡率&生存率

 

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」の生き残りは?生存者一覧

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」でも、戦いの中で命を落とした者が。

 

一方で、生き残りキャラはどれくらいいるのでしょうか?

 

エンポリオ・アルニーニョ

 

特異点を超えて新しい世界に辿り着いた、エンポリオ。

 

彼との因縁を断つため、プッチ神父が襲いかかってきます。

 

 

メイド・イン・ヘブンの拳によってディスクを押し込まれたエンポリオが、スタンド「ウェザー・リポート」を発動。

 

 

純粋酸素(純酸素)を集める隠された能力により、プッチ神父とエンポリオは酸素中毒に。

 

動けないプッチ神父を、ウェザー・リポートが拳でとどめを刺します。

 

 

作中で、唯一はっきりと生存していることが確認された登場人物です。

 

グェス

 

空条徐倫が単独で戦った、最初の敵スタンド使い。

 

 

ガンポイントに封鎖された徐倫を、脱獄犯として射さつさせようと企みます。

 

 

金網の向こうから挑発しますが、元々が糸状のストーン・フリーが間をすり抜けてヒット。

 

金網越しにオラオララッシュを喰らって、リタイアします。

 

 

グェスはそれ以来、徐倫の家来と名乗っています。

 

サンダー・マックイイーン

 

電気コードと食塩水を使い、自さつを試みるマックイイーン。

 

 

スタンド「ハイウェイ・トゥ・ヘル」によって道連れにさせられる寸前、エルメェスがスタンド「キッス」を発動。

 

 

マックイイーンの頭が2つに増え、戻る時にダメージ。

 

体からディスクが2枚飛び出して、戦闘不能に陥りました。

 

 

その後、記憶のディスクだけ戻され蘇生したことが明かされています。

 

ミラション

 

ミラションのスタンド「マリリン・マンソン」の力で徐倫を抑え、臓器を奪おうとします。

 

 

そこで徐倫がストーン・フリーの糸を繋げ、野球ボールをヨーヨーのように飛ばして遠隔攻撃。

 

本体のミラション自身が、ボールによるオラオラのラッシュを食らって再起不能に。

 

ラング・ラングラー

 

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の能力で、真空状態になった部屋。

 

徐倫がラング・ラングラーをストーン・フリーの糸で引きずり込み、道連れ状態に。

 

 

ウェザーリポートの雲で作った宇宙服の無いラング・ラングラーは、血液が沸騰し大ダメージ。

 

能力を解除して、逃走を図ります。

 

 

しかし、真空内に空気が入ってきた勢いでむしろ徐倫の方へ押し戻されます。

 

 

そこへ、ストーン・フリーの拳が炸裂。

 

そのままオラオラのラッシュに持ち込まれ、重症を負いました。

 

ミュッチャー・ミューラー(ミューミュー主任)

 

「ジェイル・ハウス・ロック」の能力によって、3つの事しか記憶できなくなった空条徐倫。

 

 

敵であるミューミューの姿すら忘れますが…

 

エンポリオが渡したメモを見て、ストーン・フリーの糸で似顔絵を再現。

 

 

徐倫に敵として記憶し直されたミューミューは、無防備な状態でオラオラのラッシュを喰らい敗北しました。

 

 

その後は能力を逆に利用され、徐倫に脱獄の手助けをさせられることに。

 

ウンガロ

 

肖像画から出てきたゴッホにヒーロー「プットバックマン」を描いてもらう、ウェザー・リポート。

 

プットバックマンの能力とは、実体化したファンタジーヒーローを元に戻すというもの。

 

 

社会の混乱が収まったことを知ったウンガロは、希望の無い人生が再開したことで絶望。

 

外傷は一切負わないまま、再起不能になりました。

 

 

ファンタジーヒーローが実体化したことで全世界に被害が出たらしく、死者や被害者は不明とされています。

 

リキエル

 

オラオラのラッシュを食らった後、スタンド能力「スカイ・ハイ」で呼んだロッズ(スカイフィッシュ)で自らを病気化。

 

苦痛を遮断して再び徐倫に挑みますが、さらなるラッシュを受けて敗北。

 

 

ロッズを操る体力を失い、再起不能に。

 

ロッズは自由の身になり、いずこかへ飛び去っていきました。

 

ロメオ・ジッソ

 

自宅を訪ねてきた空条徐倫に、現金と車・ヘリのキーを提供。

 

 

徐倫たちが去った後警察に通報するものの、彼女が来たことは最後まで明かしませんでした。

 

 

エルメェスのスタンド「キッス」のシールを剥がした影響で、戻った舌を怪我した描写はありましたが…

 

命に別状は無さそうです。

 

徐倫の母(承太郎の妻)

 

徐倫に差し入れをしたり回想シーンに登場しただけで、それ以降どうなったのかは不明です。

 

彼女が何者なのか、詳しい情報は最後まで明かされませんでした。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」の死亡者と死因一覧

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」で死亡したキャラを、一覧にしています。

 

 

対象は、重要人物やスタンド使いに限定。

 

以下のようなモブキャラは省いていますので、ご注意を。

 

・ピーちゃん(グェスに小さくされた元看守)

 

・エートロ

 

・ソニーリキール(懲罰房棟でヴィヴァーノウエストウッドと争った同僚)

 

・植物化した懲罰房棟の囚人達

 

・ウンガロのスタンド能力「ボヘミアンラプソディー」による、世界中の被害者

 

・時の加速中に命を失ったモブキャラ

 

また、以下のキャラは故人ですが…

 

6部スタートの時点ですでに亡くなっているため、除外しています。

 

・ペルラプッチ

 

・グロリア(エルメェスの姉)

 

空条徐倫

 

時が動き始めた後、エルメェスと空条承太郎が呆気なく敗れる中…

 

空条徐倫も残っていた1本のナイフをかわし切れず、致命傷を受けます。

 

 

エンポリオを逃し、足止めするためにプッチ神父に勝負を挑みます。

 

しかしオラオラのラッシュは一撃も当たらず、あっという間にバラバラにされてしまいました。

 

空条承太郎

 

スタンド「スタープラチナ・ザ・ワールド」で時間を停止。

 

 

しかしプッチ神父は、空条徐倫に大量のナイフを投げるなど…

 

時間停止中の対策を練っていたのです。

 

 

これらの処理によって、二手も遅れをとってしまう承太郎。

 

時間停止中にプッチ神父を捉えることが出来ず、時は動きはじめます。

 

 

オラオラのラッシュを軽々とかわされた後、頭部を攻撃されます。

 

あまりにも呆気なく、一撃で倒されてしまいました。

 

 

その後、時が加速する中…

 

死亡した承太郎・アナスイ・エルメェスの遺体が崩れてゆく、衝撃的なシーンが。

 

エルメェス・コステロ

 

時が動き出した後、真っ先にプッチ神父を攻撃。

 

しかしあっさりかわされ、一撃で死亡させられました。

 

ナルシソ・アナスイ

 

プッチ神父は自らの腕を使わず、ストーン・フリーの腕を使ってアナスイを攻撃。

 

メイド・イン・ヘブンの腕だと思い掴んだ空条承太郎に、一杯食わせました。

 

 

アナスイは胸部に致命傷を負った後、そのまま命を落としています。

 

 

ウェザー・リポート(ドメニコ・プッチ)

 

血液を凍らせた槍を地面やプッチ神父の体に張り巡らせ、追い詰めたウェザー。

 

 

拳で追撃し、とどめを刺そうとした瞬間…

 

不運にも、徐倫とエルメェスがヴェルサスに運転させた車が突入。

 

 

混乱の中、ウェザー・リポートはとどめを刺されていました。

 

 

しかし、ウェザーはただでは倒れず…

 

ホワイトスネイクの能力を利用し、自分のスタンドをディスク化。

 

 

ディスクは拾ったアナスイから徐倫の手に渡り、後にエンポリオに託されることに。

 

フー・ファイターズ

 

エートロの肉体を失ったF・F(フー・ファイターズ)は、プランクトンの集合体剥き出しの状態に。

 

ホワイトスネイクの度重なる攻撃により、プランクトンが死滅してゆきます。

 

 

徐倫とアナスイの元へなんとか辿り着きますが…

 

連れてきたのは、幻覚の能力でウェザー・リポートに偽装したプッチ神父。

 

 

ホワイトスネイクの不意打ちで、アナスイと共に致命傷を負ってしまいます。

 

死にかけたアナスイの傷を治し、F・Fの知性は消滅しました。

 

ジョンガリ・A

 

DIOの手下の残党。

 

 

空条承太郎がホワイトスネイクにディスクを奪われた後、とどめを刺そうと現れます。

 

 

しかし自分の体と銃の弾丸は、ストーン・フリーの糸によって封じられ…

 

オラオラのラッシュを受け、リタイアしました。

 

 

その後現れた相棒(ホワイトスネイク)によって、口封じとしてころされました。

 

スポーツ・マックス

 

透明という利点を駆使し、エルメェスを圧倒。

 

しかし、噛み付き飲み込んだエルメェスの肉片のせいで、自分の位置を悟られてしまいます。

 

 

キッスが放った拳のラッシュを喰らい、透明ゾンビたちと一緒に消滅しました。

 

ヴィヴァーノ・ウエストウッド

 

スタンド「プラネット・ウェイブス」が呼び寄せた隕石で、徐倫にとどめを刺そうとします。

 

 

それに対し、ウエストウッドのブーツを奪いレンガを詰め込んでいた徐倫。

 

隕石のダメージを半減させながら、軌道をウエストウッドの方へ。

 

 

能力で呼び寄せた隕石は消滅するものの、レンガ入りのブーツは止まらず顔面にヒット。

 

重症・大火傷しながら反撃を試みますが、ストーン・フリーの頭突きで再起不能に陥ります。

 

 

報告書上は、ソニー・リキールと共に行方不明者扱い。

 

DIOの骨の影響で囚人と同じく植物化し、枯れた可能性が高いです。

 

 

ケンゾー

 

空条徐倫に即死の蹴りを食らわせたはずのケンゾー。

 

 

しかしすでにアナスイのスタンド「ダイバー・ダウン」が、徐倫の肉体に潜行。

 

蹴った足を分解し、バネのような形に組み立て直していました。

 

 

バネによって自分の意志とは別に飛び跳ねまわり、腰の部分までバネ化。

 

そのままバケツの中に突入し、再起不能になりました。

 

 

懲罰房棟の報告書には、名前が載っていないので…

 

囚人の行方不明者・39名に含まれていると思われます。

 

 

そして、現場には負傷したDアンGしかいなかった。

 

他の囚人と同じく植物化し、そのまま枯れて消えた可能性が高いです。

 

DアンG

 

F・F(フー・ファイターズ)に暗さつされそうになる所を、プッチ神父のホワイトスネイクが妨害。

 

 

そのまま、FF本体の頭部に致命傷を与えますが…

 

F・Fはさらに自身に傷を負わせて、DアンGに体液を浴びせます。

 

 

体液内にあるプランクトンのフー・ファイターズが、DアンGの体内に侵入。

 

DアンGの肉体が内部から破壊され、死亡しました。

 

グッチョ

 

アナスイの能力「ダイバー・ダウン」の潜行能力によって、体内を改造されます。

 

飛び出た肋骨のトゲでDアンGを負傷させる罠として、利用されました。

 

 

再起不能に陥っていたところを、プッチ神父に音楽CDを埋め込まれ…

 

音楽プレイヤー代わりにヘンデル作「メサイヤ」を歌わされ、そのまま絶命しました。

 

エンリコ・プッチ

 

宇宙が完全に一巡すれば、プッチ神父の目的が叶います。

 

一巡する日とは、ケープ・カナベラルで時を加速しはじめた日(2012年3月21日)。

 

 

ですがプッチ神父は、敢えて2011年11月に、時の加速を一時停止。

 

その理由は、自分の命を狙い続けるエンポリオとの因縁を断つため。

 

 

しかし、ウェザー・リポートの能力によって酸素中毒に陥ります。

 

そのままウェザー・リポートの拳によって、ゆっくりと押しつぶされる形に。

 

 

宇宙が完全に一巡する前にプッチ神父が死亡したため、時の加速自体が無かったこととされています。

 

 

その後、世界がどうなったのか?

 

作中では、全くと言っていいほど語られませんでしたが…

 

 

作者の発言によれば、今までとは違うパラレルワールドが生まれたとのこと。

 

 

ドナテロ・ヴェルサス

 

徐倫・エルメェスに車を運転させられ、交戦中のプッチ神父たちの元へ突入。

 

強い風が吹く中、プッチ神父はすでに逃走していました。

 

 

逃走前、ヴェルサスは処刑されていた模様。

 

しかもプッチの残像を作らされ、身代わりとして利用されていました。

 

緑色の赤ん坊

 

DIOの骨を持つプッチ神父が発した、14の言葉に反応。

 

プッチ神父と同化し、新たなスタンド「C-MOON」を発動させました。

 

 

同化したプッチ神父は最終回で死亡したため、緑色の赤ん坊も消滅したと思われます。

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」で生死不明のキャラクター

 

弁護士

 

ロメオに依頼され、徐倫に罪をなすりつけた悪徳弁護士。

 

 

刑務所から帰る途中、自家用車内のクーラーを作動します。

 

首に巻かれた糸が車内の乾燥と共に縮み、首を締められた状態に。

 

 

運転が疎かになった結果、塀や標識に激突。

 

 

はっきり死亡とは明記されず、事故直後は息がありました。

 

ただ、負傷具合と不自然に歪んだ体の状態から、その後生存し続けた可能性が低いのも確か。

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」全キャラクターの死亡率は?

 

ジョジョの奇妙な冒険・6部「ストーンオーシャン」に登場したキャラクターの死亡率は、いくらなのでしょうか?

 

 

6部のメインキャラと敵キャラを全員足すと、計25人です。

 

生死不明のキャラクターは、含めていません。

 

 

このうち、死亡した登場人物は15人・生存者は10人。

 

死亡率は、約60%。

 

生存率は、約40%。

 

なんと、最も生存率が低いと言われている5部(68%)に迫る数字。

 

6部で生き残る確率も、かなり低かったのです。

 

 

しかも死亡者15人のうち6人(死亡者全体の4割)が、徐倫たち味方キャラという絶望。

 

 

さらに…

 

実は6部、モブキャラの死んだ数が圧倒的に多いのです。

 

 

特に大量の死者が出たであろう状況は、以下の通り。

 

・懲罰房棟の囚人と看守

 

・ウンガロの「ボヘミアンラプソディー」の犠牲者

 

・C-MOONが重力の向きを変えたことにより、事故に遭った人々

 

・時が加速する中、事故に遭った者

 

 

ほか、プッチ神父がディスクを使い道具のように利用した人々も。

 

 

はっきりと数字に表れているわけではありませんが…

 

世界中に悪影響を及ぼす能力のせいで、罪のない人々が大勢命を落としたと思われます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加