鬼滅の刃の死亡キャラと死因一覧。生き残った柱が少なすぎ…

鬼滅の刃の死亡キャラと死因一覧。生き残った柱が少なすぎ…

 

人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターは、生存者のほうが圧倒的に少なく死亡者がかなり多いといえます。

 

 

今回の記事には、以下の情報を載せています。

 

・死んだ人間や死因一覧

 

・死んだ鬼や死因一覧

 

・生存者、生き残った柱一覧

 

・柱の死亡率と生存率

 

また、それぞれのキャラクターが何巻の何話で死亡したのかも記載しています。

 

スポンサーリンク

「鬼滅の刃」の死亡キャラと死因一覧

 

「鬼滅の刃」のキャラって、敵味方どちらも死にすぎじゃないか?

 

…というくらい死亡率が高め。

 

 

ここからは、この作品の死人と死因を一覧にしてまとめてみました。

 

いわゆるモブ扱いの人物は省いています、

 

死亡した柱一覧

 

胡蝶しのぶ

 

17巻・143話で死亡。

 

 

童磨に強烈な突きを喰らわせ毒を与えても、分解されてしまいます。

 

 

抱きしめられ、ベアハッグにより絶命。

 

体ごと吸収されてしまいました。

 

煉獄杏寿郎

 

8巻・66話で死亡。

 

 

炎の呼吸奥義「玖ノ型・煉獄」を繰り出しますが、猗窩座の「破壊殺・滅式」に敗北。

 

胴体に猗窩座の腕が貫通し、致命傷を負ってしまいました。

 

 

猗窩座が逃走した後…

 

禰豆子のことを認め、炭治郎や伊之助に鬼殺隊の未来を託して力尽きました。

 

時透無一郎

 

21巻・179話で死亡。

 

 

黒死牟の月の呼吸「壱ノ型・闇月・宵の宮」を喰らって片腕を失い、さらに致命傷を受けます。

 

玄弥や悲鳴嶼が参戦した後も戦いに復帰し、痣を発現させました。

 

 

突きで日輪刀を貫通させて、黒死牟を固定しますが…

 

しかし黒死牟が体中から出した刃を喰らって、胴体を両断されてしまいます。

 

 

戦いは続きますが、その間に絶命してしまいました。

 

甘露寺蜜璃

 

200話で死亡。

 

 

鬼舞辻無惨との戦いで致命傷を負います。

 

戦いが終わった後、伊黒小芭内に気持ちを伝えたあと息を引き取りました。

 

悲鳴嶼行冥

 

200話で死亡。

 

鬼舞辻無惨との戦いを終えてすぐ、命を落としてしまいます。

 

伊黒小芭内

 

200話で死亡。

 

 

鬼舞辻無惨との戦いで致命傷を負います。

 

戦いが終わった後、甘露寺蜜璃に気持ちを伝えたあと息を引き取りました。

 

死亡した人間キャラクター一覧

 

不死川玄弥

 

21巻・179話で死亡。

 

 

黒死牟の髪の毛や折れた刀の刃先を食べて得た血鬼術「吸血の樹木」を使い、黒死牟を足止め。

 

しかし黒死牟が体中から出した刃を喰らい、縦に真っ二つにされてしまいます。

 

 

それでも血鬼術を使い柱たちを勝利に導いた後、不死川実弥に見守られながら鬼のように体が崩れてゆきました。

 

産屋敷耀哉

 

16巻・138話で死亡。

 

爆薬を爆発させて、鬼舞辻無惨を巻き込み自爆しました。

 

 

産屋敷あまね

 

16巻・138話で死亡。

 

産屋敷耀哉が仕掛けた爆弾の爆発に巻き込まれ、共にに死亡しました。

 

産屋敷ひなき、産屋敷にちか

 

16巻・138話で死亡。

 

産屋敷耀哉と産屋敷あまねの近くで遊んでいたことから、共に爆発に巻き込まれたと思われます。

 

胡蝶カナエ

 

6巻・50話で死亡。

 

 

童磨によってさつ害された、元柱。

 

妹のしのぶに彼の特徴を伝えて絶命しました。

 

竈門炭十郎

 

物語が開始された時点で、既に故人。

 

回想で登場した竈門炭十郎は、常に病弱でした。

 

炭治郎の家族(葵枝、竹雄、茂、六太、花子)

 

1巻・1話で死亡。

 

 

鬼舞辻無惨によって自宅を襲撃され、命を落としています。

 

家に残っていた鬼の匂いを記憶した炭治郎は、町内の群衆の中から鬼舞辻無惨を突き止めました。

 

時透有一郎

 

14巻・118話で死亡。

 

 

自宅に入ってきた鬼に襲われて、致命傷を負ってしまいます。

 

鬼を倒した弟・無一郎の無事を祈りながら、息を引き取りました。

 

不死川の父親

 

13巻・115話で死亡。

 

恨んでいた何者かに刺されて亡くなっています。

 

不死川の母親

 

13巻・115話で死亡。

 

 

鬼になって自宅へ戻り、自分の子供たちを次々襲いました。

 

息子である不死川実弥によってとどめを刺され、体が崩れ落ちてゆきました。

 

不死川の家族(寿美、こと、貞子、弘、就也)

 

13巻・115話で死亡。

 

鬼になった母親にころされてしまいました。

 

嘴平琴葉

 

18巻・160話で死亡。

 

 

童磨の正体を知り、万世極楽教の施設から逃走。

 

息子の伊之助を崖から逃した後、童磨にさつ害されてしまいました。

 

継国縁壱

 

20巻・174話で死亡。

 

 

双子の兄である黒死牟(継国巌勝)の頸に一撃を喰らわせ、敗北感を植え付けた継国縁壱。

 

戦いの最中、刀を握り直立した状態で寿命が尽きていました。

 

錆兎

 

1巻・7話で死亡。

 

 

最終選別で遭遇した手鬼に襲われ、命を落としています。

 

 

手鬼に攻撃しますが、頸が固く刀が折れてしまいます。

 

アニメでは、刀が折れた隙に頭部を攻撃されて致命傷を負っていました。

 

 

真菰

 

1巻・7話で死亡。

 

 

最終選別で遭遇した手鬼に、「鱗滝の弟子(兄弟子・姉弟子たち)を何人も食べた」と挑発され動揺。

 

泣いて怒り動きがガタガタになったところを捕らえられ、アニメでは手足を失った描写が。

 

 

詳しい説明はされていませんが、その後も攻撃され死亡したと思われます。

 

桑島慈悟郎

 

17巻・144話で死亡。

 

 

雷の呼吸の継承権を持つ獪岳が鬼になったことを、介錯人もつけずに切腹。

 

苦しみながら亡くなりました。

 

粂野匡近

 

19巻・168話で死亡。

 

下弦の壱との戦いで命を落としました。

 

鬼滅の刃で死亡した鬼(重要人物)一覧

 

鬼舞辻無惨

 

200話で死亡。

 

鬼殺隊との戦いを夜明けまで終わらせることが出来ず、最後は日光によって消滅しました。

 

珠世

 

21巻・180話で死亡。

 

 

復活した鬼舞辻無惨に、残った頭部だけを掴まれた状態。

 

恨み言をぶつけますが、そのまま握りつぶされてしまいました。

 

死亡した十二鬼月(上弦の鬼)一覧

 

黒死牟

 

20巻・178話で死亡。

 

 

時透無一郎の日輪刀や不死川玄弥の血鬼術で動きを封じられた、黒死牟。

 

悲鳴嶼行冥の鉄球・手斧や不死川実弥の日輪刀によって、首を落とされました。

 

 

一時は頭部を再生させ復活しますが、醜く変貌した自分の見た目に愕然とする黒死牟。

 

生き恥を感じると体が崩れ始め、そのまま消滅しました。

 

童磨

 

19巻・163話で死亡。

 

 

しのぶの体を吸収し、乱入してきたカナヲや伊之助と交戦。

 

 

二人を追い詰めますが、しのぶの毒が回ったのか肉体が侵されはじめます。

 

本気を出した童磨は、血鬼術「霧氷・睡蓮菩薩」で反撃。

 

 

しかしカナヲは花の呼吸「終ノ型・彼岸朱眼」で応戦し、童磨の頸を捕らえます。

 

さらに伊之助の獣の呼吸「思いつきの投げ裂き」のダメ押しによって、童磨の首が飛ばれされました。

 

 

黒死牟や猗窩座のように新たな首が生え始めることもなく、呆気なく消滅。

 

猗窩座

 

18巻・156話で死亡。

 

 

闘気を消した炭治郎のヒノカミ神楽「漆ノ型・斜陽転進」を喰らい、首を落とされる猗窩座。

 

それでも体の崩壊が進まず、反撃を試みます。

 

 

しかし生前の記憶を思い出し、自ら潔く地獄へ逝くことを決意。

 

 

自分の肉体に「破壊殺・滅式」を打ち込み、自滅。

 

そのまま消滅しました。

 

半天狗

 

15巻・126話で死亡。

 

憎珀天の中に隠れ逃げ続けた本体は、炭治郎のヒノカミ神楽によって首を両断されて消滅しました。

 

 

玉壺

 

14巻・121話で死亡。

 

 

「完全なる美しき姿」による華麗なる本気を出し、神の手や陣殺魚鱗で時透無一郎に襲いかかります。

 

しかし霞の呼吸「漆ノ型・朧」を使った無一郎の姿を見失い、その隙に頸を断たれました。

 

 

その後も首だけの状態で罵り続けますが、無一郎の連撃によってバラバラにされました。

 

堕姫

 

11巻・96話で死亡。

 

 

善逸の雷の呼吸「壱ノ型・霹靂一閃・神速」に頸を斬られかけますが、首の部分を帯に変化させて凌ぎます。

 

そこに伊之助が加勢したことで、首を落とされます。

 

 

残った兄妹の首同士が罵り合いながら、消滅しました。

 

妓夫太郎

 

11巻・96話で死亡。

 

 

顎に血鎌を喰らって毒を注入される炭治郎ですが、それでも日輪刀を振り続けます。

 

 

妓夫太郎の頸に刀を立てた時、痣が発現。

 

堕姫と同時に首を飛ばされました。

 

 

しかしそれでは終わらず、炭治郎たちを巻き添えにするため大技を発動しました。

 

鳴女

 

21巻・183話で死亡。

 

 

愈史郎に視覚や脳を乗っ取られ、能力を利用されます。

 

鬼舞辻無惨はその事に気づき、支配の力を利用して鳴女を死亡させてしまいました。

 

獪岳

 

17巻・145話で死亡。

 

 

血鬼術で強化された剣技で、善逸を追い詰めますが…

 

善逸自身が使った雷の呼吸「漆ノ型・火雷神」によって敗れます。

 

 

落下中、愈史郎に言葉で追い打ちをかけられながら消滅しました。

 

死亡した十二鬼月(下弦の鬼)一覧

 

えん夢

 

8巻・62話で死亡。

 

 

伊之助の獣の呼吸「肆ノ牙・切細裂き」で床を切り裂き、無限列車と同化したえん夢の頸の巨大な骨を露出。

 

炭治郎のヒノカミ神楽「弐ノ型・碧羅の天」によって、巨大な骨を断ちます。

 

 

えん夢は一人もまともな被害者を出せなかったことを悔い、悪夢を見ながら体が崩壊してゆきました。

 

轆轤

 

6巻・52話で死亡。

 

 

「血を分けてもらえば役に立てる」との進言が自分に指図したことと解釈した、鬼舞辻無惨。

 

図々しいと怒り、轆轤の命を奪ってしまいました。

 

病葉

 

6巻・52話で死亡。

 

 

鬼舞辻無惨から逃げますが、いつの間にか首をもがれていました。

 

消滅しながら、轆轤やえん夢の行く末を見届けました。

 

零余子

 

6巻・52話で死亡。

 

柱と遭遇した時は逃亡しようと思っていることが鬼舞辻無惨にバレ、怒りを買って潰されてしまいます。

 

 

 

5巻・43話で死亡。

 

 

血鬼術「殺目篭」で炭治郎にとどめを刺そうとする中、乱入してきた冨岡義勇に妨害されます。

 

累が「刻糸輪転」で片付けようとしますが、水の呼吸「拾壱ノ型・凪」によって糸を斬られて失敗。

 

 

そのまま近づかれた累は、成すすべもなく首を落とされてしまいました。

 

釜鵺

 

6巻・52話で死亡。

 

 

下弦はなぜ弱いのか問われた際、鬼舞辻無惨に思考を読まれ怒りを買います。

 

醜く肥大化した腕に、食べられてしまいました。

 

死亡したその他の鬼一覧

 

母蜘蛛

 

4巻・32話で死亡。

 

 

しねば累による束縛や苦しみから解放されると思った母蜘蛛は、炭治郎の攻撃を無抵抗で受け入れることに。

 

そのことを察した炭治郎は、水の呼吸「伍ノ型・干天の慈雨」によって苦痛を与えず倒しました。

 

父蜘蛛

 

5巻・37話で死亡。

 

 

脱皮によりパワーアップした父蜘蛛に、伊之助は圧倒されます。

 

刀を折られ首を締め上げられ、獣の呼吸「壱ノ牙・穿ち抜き」も通用せず。

 

 

命を失う寸前、冨岡義勇が助太刀に入りました。

 

父蜘蛛の反撃を物ともせず、水の呼吸「肆ノ型・打ち潮」によって片付けました。

 

兄蜘蛛

 

4巻・34話で死亡。

 

 

毒によって体内が蝕まれながらも、善逸は雷の呼吸「壱ノ型・霹靂一閃」の六連を放ちます。

 

六連のうち最後の一撃によって兄蜘蛛の首が落とされ、勝負が決しました。

 

姉蜘蛛

 

5巻・41話で死亡。

 

 

胡蝶しのぶが提案した罰の内容を聞いて拒否した姉蜘蛛は、反撃に移ります。

 

ですがしのぶの蟲の呼吸「蝶ノ舞・戯れ」によって斬られた傷口から毒を注入され、そのまま死に至りました。

 

お堂の鬼

 

1巻・3話で死亡。

 

 

禰豆子の蹴りによって、胴体から首が飛びます。

 

樹木に斧で固定されているうちに夜が明け、日光を浴びて燃え尽きてしまいました。

 

手鬼

 

2巻・3話で死亡。

 

 

炭治郎が繰り出した全集中・水の呼吸「壱ノ型・水面斬り」によって、首を落とされました。

 

その直後、体が崩れて消滅しました。

 

沼鬼

 

2巻・13話で死亡。

 

 

3体のうち2体は炭治郎を沼の中に引きずり込み、1体は禰豆子と対峙。

 

 

2体は、炭治郎の全集中・水の呼吸「陸ノ型・ねじれ渦」によって撃破されました。

 

 

残り1体は鬼舞辻無惨について尋問される中、恐怖で取り乱し炭治郎を反撃。

 

しかし躱され、首を落とされて敗北しました。

 

 

朱紗丸

 

3巻・19話で死亡。

 

 

珠世に鬼舞辻無惨の正体を問われ、明らかに動揺する朱紗丸。

 

さらに侮辱されることで、言い争いに発展します。

 

 

珠世が使った白日の魔香による自白効果もあり…

 

朱紗丸は、鬼舞辻無惨の名前をつい口にしてしまいました。

 

 

無惨から手下の鬼に仕掛けられている「呪い」が発動。

 

朱紗丸の口や腹部から巨大な腕が出現しミンチにされ、惨たらしい最期を遂げます。

 

矢琶羽

 

3巻・18話で死亡。

 

 

血鬼術「紅潔の矢」を使いこなす、矢琶羽。

 

炭治郎は、参ノ型と陸ノ型を組み合わせた「ねじれ渦・流流」で矢印を巻きとって防御します。

 

 

さらに距離を詰め、「弐ノ型改・横水車」によって矢印を巻き取りながら斬りつけ、首を落としました。

 

 

しかし道連れを企む矢琶羽は、複数の矢印を炭治郎の体に仕掛けます。

 

 

壁や地面などに叩きつけられる炭治郎は、「打ち潮」「水車」「滝壺」「雫波紋突き」「水面斬り」などで対策しました。

 

響凱

 

3巻・25話で死亡。

 

 

響凱の血鬼術である「鼓打ち」によって回転する部屋の中で、「玖ノ型・水流飛沫・乱」を発動する炭治郎。

 

動作中の着地時間や着地面積を最小限にし、攻撃をかわしながら頸を両断しました。

 


鬼滅の刃 1-21巻 新品セット

 

「鬼滅の刃」の登場人物は死にすぎ!柱の死亡率・死亡した順番は?

 

「鬼滅の刃」のキャラクターが死にすぎなのは、これでわかりました。

 

では、人気キャラクターである柱の死亡率・死亡した順番はどんな感じなのでしょうか?

 

 

柱の人数は、全部で9人。

 

死亡した順番は、以下の通り。

 

死亡した柱一覧

 

・煉獄杏寿郎(66話)

 

・胡蝶しのぶ(163話)

 

・時透無一郎(179話)

 

・悲鳴嶼行冥(200話)

 

・甘露寺蜜璃、伊黒小芭内(200話)

 

生き残った柱一覧

 

・冨岡義勇

 

・宇髄天元

 

・不死川実弥

 

死亡率は、約67%。

 

生存率は、約33%。

 

約7割の柱が死亡し、約3割だけが生き残り。

 

かなり生存率が低いですね…

 

「鬼滅の刃」の生存者一覧

 

竈門炭治郎

 

竈門禰豆子

 

我妻善逸

 

嘴平伊之助

 

栗花落カナヲ

 

産屋敷輝利哉

 

産屋敷くいな

 

産屋敷かなた

 

冨岡義勇

 

宇髄天元

 

不死川実弥

 

愈史郎

 

村田

 

神崎アオイ

 

後藤

 

前田まさお

 

鱗滝左近次

 

煉獄槇寿郎

 

鋼鐵塚蛍

 

鉄穴森鋼蔵

 

小鉄

 

鉄地河原鉄珍

 

寺内きよ

 

中原すみ

 

高田なほ

 

煉獄瑠火

 

煉獄千寿郎

 

天元の妻(須磨、まきを、雛鶴)

 

鯉夏

 

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加